勉強

昨日、ホリエモンの東大受験に関して書きました。

ホリエモンが東大に落ちるのは当たり前
東大ネタでもう一つ。

東大入試で文Ⅱの最低点が文Ⅰを超えたそうです。

19年度前期日程試験3018人が合格 文Ⅱ最低点が文Ⅰを超える

ちなみに、文Ⅰ⇒法学部、文Ⅱ⇒経済学部 というのが進学の流れみたいですね。

これに関しては、元インデックス投資の伝道師、内藤忍さんもお書きになってます。

「東大文I」の最難関転落が示す日本社会の価値観の変化

たしかに、日本社会もだいぶ変わったなあ・・・と思います。

僕が受験生だった、30年近く前は、東大文Ⅰが文系大学・文系学部の頂点でした。

東大文Ⅰ⇒法学部⇒高級官僚、あるいは弁護士

というのが、一番のエリートコースでした。

いまは官僚になっても、利権を享受できるわけではないし、民間企業に天下って老後まで安泰・・・
みたいなことではなくなっています。
官僚は国家運営を担う重要な仕事である点は変わらないけど、重労働な割には、報酬も特別恵まれているとは言い難いですね。

中央省庁に就職した超エリートの知り合いはいましたが、そんなに人生を楽しんでいるようにも見えなかったですね。

いまは、内藤氏がおっしゃるように、

文Ⅱ⇒経済学部⇒外資系金融かコンサル

というのがエリートコースな気がします。

年収3000万円とか、全然普通にある世界ですからねえ。

稼ぐだけ稼いで、40代でアーリーリタイアして、悠々自適の人生を送る方が全然楽しいのは事実ですね。
もっと、仕事を続けたいのであれば、そこで築いた資産と人脈、ノウハウを使って起業して、バリバリ働いてさらに成功すれば良いですからね。

いずれにしても、エリートの頂点がピラミッド型でたった1つあるのではなく、たくさんの頂点がありうるのは、日本にとって健全だと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください