勉強

昨日震災ネタで投稿したので、今日にズレ込んでしまいました。
1日に2回投稿すれば良いんだけど、最近は情熱もエネルギーもなく…

さて、AbemaTV「ドラゴン堀江」という「若手タレントと一緒に東大を受験する企画がありましたが、結果が出たようです。

ホリエモン残念、東大受験は不合格 テレビ企画で挑戦、一次試験突破と奮闘

ホリエモンが「俺が東大受験の企画をしたら絶対に東大に入れられる」と豪語されてはじまった企画とのことで、準備期間は半年だったそうです。

一次試験、つまりセンター試験の足切りを突破したのが、堀江氏と芸人のTAWASHI。

堀江氏は東大文学部中退、TAWASHI氏は早稲田大学中退とのことだから、もともと学歴がある人が突破できたってことになりますね。
そもそも、大学に入った時点で、受験に関する学力は右肩下がりで落ちていきますから、一時突破できただけでも凄いとは思います。

ただ、高学歴だからといって、いまさら受験してそんなに簡単に東大に受かるわけないんじゃないかなあ・・・と僕としては思いますけどね。

大学入試センター試験の受験者だけで60万人いるわけです。
私立専願の人や、そもそも進学しない人や専門学校に行く人はセンター試験も受けませんからね。
少子高齢化でも、18歳人口は100万人以上はいますから、その中で学力の頂点に立たなきゃならないんですよね。
アタマも柔らかく、勉強ばかりしていれば良い高校生や浪人生と、短い勉強時間で対等に渡り合って頂点に経つのは、いくら自頭が良くても難しいと思いますよ。

さて、知力・学力と言っても、いくつか要素ありますね。

1.記憶力・暗記力
2.理解力
3.思考力
4.創造力

受験で求められるのは、1,2が中心で、難関の国公立大学であれば、3を求める試験も出ます。
社会に出て成功する要素とは異なります。

「勉強しなくても一流大学に受かった」みたいなことを言う人は世の中に多いですが、実際はかなり過少申告していると思います。
いくら自頭が良くても、それだけで合格はできませんね。
より少ない勉強時間で合格することができるというのはあると思いますが。

僕自身の感覚では、「受験は勉強しないと受からない」です。

そう言えば、数年前に「ビリギャル」というのが流行りましたが、この人にしても、名門私立中高一貫校出身で、元々、自頭も良ければ基礎学力もあったはずなんですよね。

本当に、基礎学力がなく、アタマも良くない人が、短時間で一流大学に合格するのは、極めて難しいと思います。

「一流大学に簡単に受かる」みたいな風評を流すのは、受験生にとっては酷だと思いますね。
僕自身、大学受験の時は、「なんで自分はこんなに勉強しているのに、簡単に大学受かるやつがいるんだよ」とコンプレックスに苛まれながら、必死に勉強しましたが、一流大学に入っている人は、「勉強しなかった」と言っても、小さい頃から進学校に通ったりしてちゃんと蓄積があるんですよね。

昔と比べて、高学歴=成功・高収入という方程式は成り立たなくなりましたが、なぜか学歴信仰は以前よりも強まっている感がありますね……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください