日本

大手チェーン店のバイトがアップした不適切動画が相次いで炎上しました。
バイトに対して法的措置も検討されているようで、賛否を集めてますね。

百田尚樹と古市憲寿氏もやりあっているようです。

百田尚樹氏、不適切動画問題で古市憲寿氏の発言を「正論」と認めず 擁護論を一刀両断

炎上ブロガー(?)のイケダハヤト氏も参戦されてます。

くら寿司、ビッグエコー、セブン……バイトテロ問題にひとこと。「バカな若者の人生の人生潰して終わり」でいいの?

大手チェーンではないですが、お笑いタレント・たむらけんじを揶揄したツイートをしてバッシングを受けたラーメン店の店主が炎上しました。
過剰なバッシングに逆上したことが逆効果になり、さらにバッシングを受けてしまっているようですね……

たむけん罵倒ラーメン店主、ラーメン店破壊する不適切動画に怒り「冗談や遊びでは済まされないこともある」

実家が飲食店をやってますので、内実はよく分かるのですが、実際にこういうことは昔からあったと思いますよ。
実家のお店にはこういうバカな店員はいなかった(と思う)ですが、嫌な客には、料理を少なく持ったり、予約が入ってなくても「予約で満席です」と断ったりしていたことは実際にありました。

バカなバイトが、嫌な客にこっそりハナクソ入れたりしてもおかしくないし、店主も全部見張ってるわけではないので、それに気づかなくても、なんら不思議はないです。

以前勤めていた会社でも、派遣社員の女性が、嫌われている社員に捨てかけの煮詰まったコーヒーを出したりしてましたからねえ(当時は派遣社員がお茶出しするのが普通だった)。

これまでコッソリやっていたことが、一部のバカな人が不特定多数の人が閲覧できるネットで公開してしまったということだけのようにも思えます。

ただ、こういう論争を見ていると、「日本国民はどこに向かっているんだろう?」とも思ってしまいます。
「こういう不適切な行動をするのは、人としてケシカラン行為だ。徹底して防止すべきだし、やったヤツはどんなに叩かれてもしょうがない」という意見が優勢です。

一方で、「こういうヤツはいるんだから、いちいち目くじら立ててもしょうがない」という意見もあります。

ヨーロッパを1ヶ月旅行していたとき、とんでもない店員に出会うことがたまにありました。
横柄な態度を取ったり、仕事よりも自分の都合を優先したりする人が結構いて、苛立つことが多かったんですよね。
遭遇率の高さは、日本の比ではありません。

ただ、みんながみんな態度が悪いのではなく、元から丁寧で親切な人はそう振る舞うし、そうでない人はそういう風に振る舞っているという、それだけのことのように思えました。

ヨーロッパでは「国家や組織が個人を型に嵌めるべきではない」という根本的な発想があるように思いました。
それだと、差し障りが出ることも多々あるわけですが、その都度、自己主張をしあって折り合いを付けている感じです。

ただ、日本人の身としては、いちいち自己主張するのは面倒くさいし、ストレスも感じるんですよね。

一方で、そういう社会だからこそ、逸脱した人も生きることができて、その中から天才的な人も生まれてくるんじゃないかと思いました。

「日本にはビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズな起業家が生まれない」とか、「日本ではイノベーションが起こらない」みたいなことが、良く言われます。
また、「日本人からはアインシュタインやダヴィンチのような歴史を変えるような天才があらわれない」とも言われます。

スティーブ・ジョブズなんて、人間的にはかなり「嫌な奴」で、部下にはなりたくないタイプのひとなんですよね。
歴史的に「天才」と呼ばれる人たちも、犯罪者ギリギリみたいな人が多い。
エジソンにしても、小学校を退学になったり、仕事も2回クビになったりと、社会的には不適格なひとでした。
画家のカラヴァッジョとかサド公爵とか、作家のジャン・ジュネとか、本当の犯罪者もいます。

創造的、革新的な人を生むためには、逸脱行為を許容しないとダメだと思うんですよね。

「スティーブ・ジョブズと、不適切行為で炎上させるバイトは違うだろう!」という意見もあるでしょうが、そんなに簡単に両者は区別できませんよ。
少数の天才、革新的な人材を生み出す社会は、多数の不適格者も生んでしまう社会だと思うんですよね。

いまの日本は、「逸脱行為も多様性も認めないけど、創造的・革新的な人物は生まれて欲しい」と、矛盾することを求めているように思えます。

良いか悪いかはさておき、これまでも今後も、日本は画一的ではあるけど、大きく逸脱する人はおらず、いても排除される社会になるんだろうなあ……と思います。
ただ、そういう社会の方が、安心して生活できるし、その中で生きている限りはストレスも少ないんですよね。

そうなると、日本は世界をリードする国になれないとは思いますが、それはそれでしょうがないとも思うんですよね。

それが嫌な人は、アメリカなり中国なりに移住していく。
日本はそんな社会になるんじゃないかと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください