日本

また、新たに国のランキングが出ましたね。

日本はめでたく2位!

米誌「最高の国」ランキングで日本が2位浮上 日本人特有の「自虐性」も浮き彫りに

ちなみに、5位までの上位ランカーは下記の通り。

1位 スイス
2位 日本
3位 カナダ
4位 ドイツ
5位 イギリス

上位は、欧米諸国、あるいはその支配下にある国(オーストラリア、ニュージーランド)なんですが、日本は大健闘していると言って良いでしょう。

これに対して、「こんなに高い理由がわからん」という意見もあれば、「日本は隣国(韓国)と比べると素晴らしい国だ。ニッポン万歳!」みたいな意見もあります。

こういうランキングって色々ありますけど、世界各国を回ってみて、国に優劣をつけることにあまり意味はないと思います。

最近、日本と関係の悪化している韓国と比べると、日本は政治は安定しているし、経済力もまだ高いし、衛生面も安全面も優れています。
ただ、女性の活躍、英語教育の充実、自国コンテンツの育成なんかでは、韓国の方が進んでいるところもあります。

僕は日本人だから「韓国より日本の方が良い国だ」と思っていますが、あくまで主観的なもので、絶対的な基準ではありません。

年末年始にタイに行ってましたが、タイに行くといつも「良い国の条件ってなんだろう?」と思ってしまいます。

僕自身はタイは大好きですが、国のランキングで上位に来ることはあまりありません。
ただ、最近流行りの「LGBTの権利」についても、タイは以前から性的多様性は認めていたんですよね。
制度は整ってないようだし、差別もあるようですが、LGBTの人たちが普通に生活していたし、人々もそれを日常の風景として受容しています。

女性も強くて、バリバリ働いてますし、女性の社会進出も進んでいます。
ただ、これは「男が働かない」ということの裏返しの部分もあるわけですが…

あと、原付バイクに夫婦と子供2人載せていたりして、交通ルールもかなりゆるい感じでした。
タイに行くと、「自由だなあ!」と思います。

一方で、王族に関しては不敬罪があるし、僧侶に敬意を払わなければならないとか、日本にはない規制や制約があります。
お寺なんかでは、女人禁制の場所があったりします。
あと、コンビニでお酒が買える時間帯も決まっています。

「タイと日本とどっちが自由か?」と言われても、「ある部分ではタイのほうが自由で、別の部分では日本の方が自由ですねえ」とか答えられない。

他の国との比較も同様ですし、「自由」以外の要素での比較に関しても同様です。

なので、最近は国や都市のランキングは「あまり意味がないもの」と割り切っています。
他の国と比較して、自国に誇りを持つこともなければ、卑下することもない。
自分が行きたい国に行けばよいし、住みたい国に住めば良い。
そう思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください