サラエヴォ
写真はサラエヴォ

ヨーロッパから帰ってきて、1週間経ちました。

やっと、日本のペースに馴染んできた感じです。
旅先でも、旅行モードに切り替わるのに、やっぱり1週間かかりました。

普通に観光地を回るだけであれば、別にすぐに適応できるんですけど、現地の日常というか、生活環境のリズムに適応するには、もう少し時間が掛かっちゃうんですよね。
で、1週間経つと、物の見方や考え方が少し変わってきます。

日本に帰ってすぐは、ニュースを見ていても、違和感がありましたよ。

一度書きましたが、ひとつは安田純平氏に対する人々の反応です。

「国際人」が安田純平氏を擁護する理由

海外経験者、メディア関係者は、大半の人が安田氏を擁護してますけど、それに対するネット上のコメントは、一転して批判的なものが目立ちます。
もちろん、ネット上の反応が日本国民を代表しているわけではありませんが・・・

安田純平さん叩くタレント達に戦場ジャーナリストが物申す-橋下氏、たけし氏、松本氏、三浦氏へ

安田純平氏へのバッシング、いちジャーナリストとして思うこと

この温度差は良く理解できるし、どちらか一方の意見を擁護したり、批判したりするつもりもありません。

ただ、ヨーロッパでは「自己責任論」なんて出ないだろうな・・・と思います。

シリアで起きている紛争は、政治だけでなく、一般市民への生活にも大きく影響するので、現地の情報は貴重だし、危険を冒して現地に赴いているジャーナリストへのバッシングも起きづらいと思います。

・大量の難民が押し寄せてきて、自国の治安や、自分の仕事に影響を受ける可能性もある
・為政者の紛争への介入の判断にも関わる
・自国がテロの対象になる可能性がある
・自国に不満を抱いている若者が、シリアに行ってテロリストになってしまう可能性もある(実際にこういうことが起きている)

こうした状況がありつつ、政府が発表する情報が信頼できるとは限らないし、だからと言って自分で行って確かめるわけにもいかない。
危険を冒して、代わりに行ってくれるジャーナリストは、必要であると同時に、尊敬もされると思うし、その中の何人かが拘束されたところで、「自己責任」として切り捨てたりはしないでしょうね・・・

アメリカも同様でしょうね。
政府は現地に軍隊を派遣し、自国民(軍人)を危険に晒している状況。
自分の家族や親せきが、人殺しをしているかもしれないし、殺されるかもしれない。
無事、自国に戻ってきても、PTSDに苦しめられるかもしれない。
そんな状況にあるわけですね。

一方で、日本は同じことは全くないとは言わないけど、シリアの惨状が日常生活に影響することはほとんどないし、あったとしても実感できませんよねぇ。

憲法9条が改正されて、自衛隊を紛争地に派遣されるようになったりすれば(すぐにはそうならないでしょうが)、意識は変わるかもしれません。
それを考えると、9条改正に賛同している人の方が、安田氏を擁護すべきだと思うんですが・・・
現状では、まったく逆な感じですよねえ。

アメリカでは政府の情報に騙されて、ベトナム戦争が長引いて多くの罪のないベトナム人が殺害され、自国民も殺され、帰還兵も精神を病み・・・という惨状になりましたからねえ。
ブッシュ時代のイラク戦争も同様ですね。
間違った情報を政府が流布したせいで、やる必要のない戦争をやって、大量の死者を生んでしまった。

安田氏が「自己責任論」でバッシングされているのは、日本が平和だからってことでしょうね。

あと、気になったのは、渋谷のハロウィンでの狂乱です。

暴動が起きて略奪行為が起きたわけでもなければ、放火や銃の乱射が起きたわけでもなく、死者も出ていない。
にもかかわらず、「社会問題」として大きく報道されています。

ちなみに、フランスでは・・・

フランスでもハロウィン当日に逮捕者続出(動画)

ハロウィンではないですが、メーデーでも、

マクドナルドに放火、300人近く逮捕 パリのメーデー行進、暴動に発展

ちなみに、政治的な暴動では、2011年にイギリス、2005年でフランスでかなり大きなものが起きてます。

渋谷のハロウィンの狂乱を「暴動」と呼ぶ人もいますけど、これらと比べると、渋谷なんて可愛いものです。

ちなみに、僕は沖縄最大のハロウィンイベントに行ってきましたが、若者が狂乱状態にありましたが、最低限の節度は守られていて、警察も遠目に監視したり、交通整理したりするくらいでした。

沖縄ハロウィン

日本においても、若者と中高年者の所得格差は依然として大きいし、若者の3割半は非正規雇用です。
お金がなくて、結婚も出産もできない若者もいます。

それでも、日本では暴動もデモも起こってないわけですから、「やっぱり日本は平和だな」と思います。

今後の渋谷のハロウィンはもう少し穏当なものにするように考えるべきだとは思いますが、ハロウィンで多少迷惑かけるくらいであれば、大目に見ても良いんじゃないか・・・と思います。
それで、若者たちのガス抜きができれば、お国の秩序を脅かすようなことは起きないでしょうからねえ・・・

いまのような平和が今後も続けばいいな・・・なんてシミジミ思っている次第ですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください