結婚

40も半ばを超えて、いまだに独身ですが、別に僕は独身主義者ではありません。
「別に結婚しなくてもいいや」くらいに思い続けていまに至る・・・という感じです。

さて、最近のニュースで頭にこびりついているのが、ブロガーのはあちゅうと、AV男優のしみけんの結婚(ただし、事実婚)です。

はあちゅうさん、AV男優と事実婚「一緒にいたい」

最近、AV女優を「セクシー女優」と言い換えられることが多いですが、AV男優は「セクシー男優」とは言わないんですね。
「セクシー男優」っていうのも違和感ありますね。

そもそも、「セクシー女優」とか言い換えるのは、第二次世界大戦中にメディアが撤退を転進、全滅を玉砕、敗戦を終戦と言い換えたような、本質に目をそらす姑息な誘導のように思える(!?)ので、僕はあえて「AV女優」という言い方をしたい。

それはさておき、AV女優、AV男優の社会的地位は、昔と比べてだいぶ向上してきていると思います。
飯島愛以降は、少数派とは言え、芸能人として活動しているAV女優もいます。
芸能人でAVに出演する人も出てきているし、一般女性でも気軽にAV出演してしまうような時代が来ていますね。

しみけん氏は、AV男優の中では頂点を極めている人なので、収入も多いに違いないし、

それでも、AV女優・男優は十分に市民権を得ているとまでは言い難いというのが現状です。
はあちゅう女史は、慶応卒、元電通社員で、いまはブロガーとしてバリバリ活躍しているので、社会的に見れば「勝ち組」と言ってよい。
IT企業の社長とか、他の著名インフルエンサーあたりと、しれっと結婚してしまうんじゃないか・・・と思っていました。

そういう可能性と比べると、本当に差別意識のない女性なんだなあ・・・と思います。
はあちゅう自身は稼げる女性なので、お金目当てと言うこともないと思います。

彼女の言動は好きではない(むしろ嫌い)し、「ネタのために結婚した」という誹謗中傷も全く当てはまらないとは言えないとは思いますが、今回の事実婚の報道に関しては、ディスっている人の方が分が悪いように見受けられますね。

僕自身、元AV女優の及川奈央が40代の会社員と結婚した時に、「残念だなあ、僕にも同じようにチャンスがあったのかも・・・」なんて思っちゃいましたよ。

及川奈央、会社員との結婚を発表「穏やかな気持ちでいられる方」

ネット上では、「残念だ」という声とともに「(元とはいえ)AV女優と結婚なんてありえない」という意見がありました。

AV女優には多くの男性がお世話になっているし、僕自身は神聖な仕事だと思っているし、結婚に関しても抵抗は感じないと思ったのですが・・・
実際、AV女優(女性の場合は男優)と結婚するとどういう問題が生じるんだろう?

  1. 親族から白い目で見られたり、反対されたりする可能性がある
  2. 周囲の目が気になる。自分では気にしなくても、陰で色々言われる
  3. 仕事とは言え、配偶者が他の相手とセックスするのを耐えなければならない
  4. 浮気されるリスクが高い(?)
  5. 子供が生まれた時に子供にどう伝えるかという問題が生じる。秘密にしていても、知れ渡ると学校でいじめられかねない

1、2についてですが、僕が生まれたのは田舎なので、確実にこういうことは起こり得ると思います。
ただ、僕自身は田舎にも戻らないし、親族とも疎遠になっているので、気にはしません。
世間の目もあまり気にはしません。

3はちょっと辛いかなあ。
引退していれば良いのですが、現役だったら引退してもらうか。
相手が仕事が好きで、辞めるつもりがないとするとどうするのか・・・
現役でお金バリバリ稼いでもらうのと、引退して収入がゼロになるのとだと、どっちが良いのか。
問題がないとはいえあせんね。

4については、偏見もあるかな・・・と思います。

もう20年近く前の本になりますが、『AV女優』 (文春文庫) 永沢光雄 という優れたノンフィクションがあります。

当時と今ではだいぶ状況も違うと思いますが、AV女優って別に淫乱でもチャライ女でもないんですよね。
親子関係がすさんでいたり、幼少の頃に不幸な性体験(近親者からのレイプとか)をしていたりしていて、育った環境が恵まれていなかった。
それに尽きる気がします。

ただ、しみけんに関していうと、結婚報告が出た早々に浮気情報も出てしまっているようですが・・・
しみけん氏はバツイチで、前妻は元AV女優(歩原らいと)で、双子のお子さんもいるみたいです。
はあちゅう&しみけんは恋愛関係は4年も続いていたみたいなので、その辺ははあちゅうも分かっていて許容してるんじゃないかと思います。
器がデカいなあ・・・と思います。

僕だったら、心は自分の方にあったとしても、浮気されたら嫌ですからねえ。

さて、最後の5についてですが、及川奈央の結婚の時に出て来ていた意見です。
たしかに、「子供がたまたまお母さんの映像を見たりしたら・・・」とか、「子供が学校でいじめられたら・・・」みたいな可能性はあるわけで、そういうことが起きた時にどう対処するか?という課題はありそうです。

僕自身は、「自分はリベラルな人間だ」と思っているし、「好きだったらAV女優だろうが風俗嬢だろうが関係ない」と思ったりもしてるんですが、振り返ってよくよく考えてみると、障壁は高いんですよねえ・・・

そういう意味では、はあちゅうは凄いなあ・・・と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です