「紀州のドン・ファン」遺体から多量の覚醒剤成分

美女4000人に30億円を貢いだという「紀州のドン・ファン」がお亡くなりになられたようです。
77歳まで精力絶倫で生きられたわけだから、幸福な人生だったと言えるかもしれませんが・・・
遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたってことで、他殺の疑いもありそうです。

さて、この方のことは、過去に2回ブログに書きました。
(2回も書いた記憶はなかったけど、過去ログ見たら2回書いてた)

27歳の自称モデルが74歳の爺さんから6000万円相当盗んだという話が実に興味深い

金銭欲と性欲は相関するんだろうか? 紀州のドンファンの話を読んで思った

この方、3年前に55歳年下の自称モデルと結婚されてたんですよね。

美女4000人を抱いた「紀州のドンファン」が55歳下モデルと結婚!

この女性、人気モデルとして世界を飛び回っていながら、デートクラブに登録してるって・・・
いかにも怪しいですね。

実際の同居は1年半だそうです。
で、第1発見者はこの奥さん・・・
この奥さんの相続額が38億円(!)とか言われています。

どう考えても怪しすぎるわけですが・・・
怪しすぎて、逆にあからさまに疑われるようなことするかなあ・・・とも思ってしまいます。

紀州のドンファン、こと野崎幸助氏自身は、過去に女性に貢いで逃げられても、さほど気にはされていないようでしたけど。
僕だったら、女性不信に陥ると思いますがね。

男性の中には、野崎氏のことを羨んでいた方も多いようですが、この末路は羨みようがないです。
野崎氏はセックス中毒だったと思うんですが、セックス中毒って一種病気で、羨むべきことではないですね。

僕は、美人で、働き者で、金銭感覚がしっかりした女性が1人いれば、それで十分満足ですよ。

さて、死因が解明されるまで、勝手な推測は避けないといけませんけど、お金持ちは黙ってコソコソしておいたほうが良いと思います。
僕程度の人間でさえ、家族との金銭トラブルを抱えて苦労していますからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です