ワインスタインがレイプ容疑で逮捕されましたね・・・

MeToo発端のワインスタイン氏、レイプ容疑で逮捕

ちょうど金曜日に、Eテレでドキュランドへ ようこそ!「ハリウッド発 #MeToo」という番組をやっていたので観たんですけど、本当にこの事件は凄まじい話です。

ワインスタインみたいなエロくてモラルのない男がいて、無茶苦茶をやらかすということ自体は、理解できなくはないのです。
民主主義が発達しているアメリカ合衆国で、このようなことが長きにわたって行われ、多くの人が知っていたにも関わらず、告発されないままできたことが驚きです。

ハリウッドという場所は、アメリカ合衆国の中でもリベラルな人が集まっているし、業界人達は社会的な発言をしたり、社会活動したりしてるんですよね。
ハリウッド映画自体が、アメリカの「正義」を啓発しているところも多々ある。
そこで、こういう悪行が放置されてきたというのが、ちょっと信じられないんですよね。

それだけハリウッドにおけるワインスタインの権力が絶大だったってことなんでしょうが・・・
ただ、その後の凄まじい告発合戦を見ていると、もうこの流れが後戻りすることはないんだと思います。

先日、伊藤詩織さんの『Black Box』のレビューを書きました。

本当に日本社会って『Black Box』だな

ワインスタインの件と比べると、彼我の差は一目瞭然です。

山口敬之氏の逮捕状は発付されるが、逮捕直前に執行取り止めになる
伊藤詩織さんはバッシングを受け、日本にいられなくなり、ロンドンに拠点を移す

もちろん、ワインスタイン氏の一件ほど、多数の告発があるわけではないし、事件性が明確に立証されたわけでもないので、並列で語れないことは重々理解しています。

ただ、この件が、どうにも後味の悪い結末に陥っていることが、日本でMeToo運動が盛り上がらない要因となっているようにも思えるんですよね。

実は、僕の近くにも、セクハラ被害にあった女性が何人かいます。
セクハラで告発された男と面識もあったりします(彼の起こしたセクハラ事件はメディアでも報道されています)。

僕が知っている例を見ると、セクハラする男って、1回では終わらないんですよね。
自分が見聞きした事例については、別の機会に書こうと思っています。

『Black Box』を読んでいて、(伊藤詩織さんの主張が事実だとすると)山口敬之氏は他にもレイプ、あるいはそれに準ずる行為をやっているはずだと思います。
事件を起こすまでの手際の良さや、事後での責任逃れの仕方が、とても初犯とは思えないんですよね。
ワインスタインの件のように、他のところから告発の声が上がってもよさそうなのに、何故か上がってきません。

女性側が告発するのを躊躇しているのか、そのような行為はなかったのか、良く分からないのですよね・・・

ちなみに、僕が知っているセクハラ男は、複数のセクハラ行為を行っていると、もっぱらの噂でした。
被害者もある程度は特定されているみたいなんですけど、告発、報道されているのは1件のみです。
他の件はブラックボックスなんですよね。

日本の芸能界もセクハラ天国だと思うんですが、不思議と告発はあまり出てこないですね・・・


2件のコメント

  1. deefe

    自分はパワハラで退職しましたが、それでも相手の家族の事なんかを考えると言えませんでした。
    セクハラも同じじゃないでしょうか、しかも時間がたってしまうと怒りも収まってしまって、今更相手の家族もあるのに破滅に追い込むのは可愛そうと思ってしまうのじゃないかと思います。
    レイプされたとなると別ですが、セクハラくらいでは言いにくいかもしれません。
    レイプだと自分の傷もさらすことになるので言いにくいということになってしまいますし、なかなか盛り上がらない気はします。

    返信
    • bucketlist

      僕もパワハラ受けていたことがありますが、部署異動になって救われました。
      自分が追い込まれるくらいなら、相手を告発する方を選びます。
      ただ、当時は同じ行為がパワハラと認識されていなかったので、その人の上司に訴えても聞き入れられませんでしたが・・・
      伊藤詩織さんがバッシングを受ける一方で称賛されているのは、あえて実名で告発する勇気があったからでしょうね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です