野球

ソフトB 3年契約最終年の松坂と契約延長へ 3年間で1軍登板は1試合のみ

コメント欄を見ると、厳しいですねえ。
まあ、ムリもないと思いますが・・・

僕は野球にはあまり興味ないのですが、選手の下世話な話題にはちょっと気になります。

巨乳の柴田倫世アナと結婚し3人の子供を設け、メジャーで高額契約を交わし・・・
という絶頂を体験した男ですからねえ。

奥さんが子供の教育のためにボストン滞在を続け、松坂大輔氏1人で単身赴任していることで、批判されています。
松坂氏が引退できないのは、奥さんから教育費を稼ぐようにハッパかけられているとか言われていますが・・・

報道、一般大衆から心ないバッシングを受けていますが、奥さんの柴田倫世産の立場からすると、合理的な行動ではあると思うんですよねえ。
生命というのは、有能な遺伝子を残して、次世代に繋いでいく役割を担っている。

僕の母親(僕が保育園の頃離婚した)によると、「男なんて、種付けするのが役割で、子供を産んで育てられれば、夫なんてなくていい」と言ってました(苦笑)。
だから、家族が崩壊してしまうわけですが・・・

まあ、それはさておき、ボストンはハーバード大学もMITもありますから、世界最高峰の教育環境にあると言えましょう。
子供をエリートに育てるには良い環境なんですよねえ。

で、旦那さんがどこにいようが、教育費をきっちり稼いでくれればよい。
いくら故障して成果を出せないからと言って、億単位で稼いでいますからねえ。

ご自身からすると、絶頂期を過ぎて成果を出せないで辛いところだとは思いますが、一生困らないくらいのお金は稼いでいるはずですからねえ。
たとえ引退したとしても、十分に稼げる仕事はあるんじゃないかなあ。

過去の栄光に囚われず、それなりのポジションに甘んじることができれば、世間様の批判も浴びることなく、美しい奥さんと3人の子供と幸せな生活を送れるんじゃないかと思ったりもするのですが・・・
それができれば苦労はしないか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください