沖縄って、新聞は沖縄タイムズと琉球新報の独占状態で、その他の新聞はほとんど見かけません。
テレビは全国ニュースをやってますし、ネットのニュースも常時チェックはしていますが、ニュースは英語の勉強のために、NHK BSの海外ニュースを見ることが多いです。

われながら、平均的な日本人(そういうものがあるかどうかはさておき)とは、かなりかけ離れた情報接触形態だと思います。

それで最近気になってるんですけど、国際ニュースを観ていて、最近とても目につくのが、ミャンマーのロヒンギャ難民の報道です。

ロヒンギャ難民12万人超 沈黙貫くミャンマーのスー・チーに批判

ロヒンギャというのは、イスラム系の少数民族なんですが、仏教国家であるミャンマーで弾圧が強まっている。
大量の難民がでて、バングラデシュに亡命しています。
対応をせず、沈黙を続けるスーチー氏にも国際的な批判が高まっている。

なぜかこのニュース、日本ではあまり報道されません。
全く報道されないわけではないようですが、それにしても取り上げられる機会が少なすぎますね。

ミャンマーは、歴史的に日本と関係が深いし、スーチー氏は日本(京大)に留学していたこともあるくらいだから、もっと報道されても良いと思うのですが。
だからか、自粛している!?・・・というわけでもないと思いますが。

ネットで見ていても、ニュースの発信元は、ロイターとか海外メディアだったりするんですよね。
なんか不思議でなりません。

まあ、メディア報道を信用するなってことですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください