夫婦

生活に満足、最高の74%=「この先悪く」も2割強―内閣府調査

コメント欄を見ていると、この結果に納得できていない人も多いようですね。
たしかに、生活が豊かになっているという実感はありませんね。
物価は上昇している感はあるのですが、賃金がそれに合わせて上昇しているかというと、疑問があります。
現時点では、他国と比べて日本が経済的に好調とは言えないと思うし、少子高齢化、年金破たんなど、社会不安も大きいんですよね。
地政学的な不安もあります。

ただし、近年は自殺者数も減少し続けています。
他のデータと合わせてみても、日本人の生活満足度が上がっているというのは、あながち間違いとも言い難いんじゃないかと思います。

不思議なのが、これまで最高値だったのが1995年だったってところ。
この年は、阪神大震災と地下鉄サリン事件という、日本を揺るがす大きな事件が起きた年なんですよね。
経済力が満足の源泉であれば、バブル期がピークでも良いはずですが・・・

考えてみても、バブル期も含めて自分が生活に一番満足してるのって、今かなあ・・・という気がしますね。
特に何かが良いというわけではないけど、特別大きな不満もないし「色々あるけど、まあいいか」という気分なんですよね。
経済的な不安もなく、健康で毎日おいしくご飯を食べれてるし、やりたいとは100%ではないけど、それなりにやれてます。

贅沢をいえばきりがありません。
仕事はストレスもなく、過剰労働はなく、お金が十分にあって欲しいものは何でも買えて、家族はみんな仲良くて一家は安泰で・・・
みたいな状態なんて、望むべくもありません。

高望みはせず、「満足なんてこんなもんかなあ」くらいの感覚で見てみると、いまはそんなに悪くないんじゃないかと思ったりします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です