台湾国旗

蓮舫議員の「二重国籍問題」が物議を醸しています。

台湾駐在が長かった僕の友人が次のような発言をしていて、ちょっと驚きました。

「蓮舫が二重国籍なんてありえない。だって、日本は台湾を国家として認めてないんでしょ? 国家じゃないんだから、蓮舫が台湾に国籍があるなんておかしいでしょ?」

その人は、民進党も蓮舫も支持しているわけではありません。
ただ、台湾を愛してはいますが・・・

ちなみに、僕も同様のスタンスです。

で、この発言を最初聞いたときはちょっとビックリしたんですけど、良く考えるとその通りだと思えてきました。
そんなこと、これまで思いもよらなかったことを鑑みると、自分がいかに先入観に囚われているかを痛感しましたね。

支持政党がどうとか、蓮舫氏が好きか嫌いかとか、そういうことを一旦取り払って考えると、やっぱり「二重国籍」を云々するのはヘンなんでしょうねえ。
いや、問題にすること自体は悪くないとは思うんですが、「二重国籍」という言葉を使うのは間違っているんじゃないかと思います。

日本という国家は、台湾を「国家」としては認めてない。
蓮舫氏を「二重国籍だ!」と糾弾するのであれば、台湾を「国家」として認めるべきってことになります。

大陸に気を遣ってか、メディアは「台湾は国家だ!」とは言いませんが、そうであれば「二重国籍」なんて言葉を使っちゃいけませんよねえ・・・

言われて気付いた身で言うのもなんですけど、どうしてこういう意見が出てこないんだろう?


2件のコメント

  1. 煙々

    分かりずらい仕組み上、間違えることは多々あるにしても。。。
    嘘ばかりで、終始終わりましたね。二重国籍の問題というより、嘘に次ぐ嘘に辟易しているんじゃないかな。公開しないと疑問を持っている人に対して差別主義者とか、、、議論を敢えて違う方向、差別と言えばいいと思っているところが大嫌いですね。

    間違いを間違いと認め、そして謝るべきは謝る。
    日本人的思考というより、中華的なんでしょうかね?謝らないというのは。
    嘘つくのは、隣の国のようにも。

    代表を続けてほしいと思っています。
    そうすれば、数年後には、民進党自体が亡くなっているでしょうよ。
    二重国籍の誤りが問題じゃなかったですし、そもそも違法を開き直って、逆切れ。
    他人にはきつく自分には甘い人が好かれることはないと思うだけに。

    返信
  2. bucketlist

    個人的には、日本の政界はアメリカのように二大政党化する方が健全化すると思っています。
    民進党は今回含めて、失態続きでもはやその一翼を担う可能性はほぼゼロに近い状況になってしまいました。もはやバッシングする意味があるほど、民進党は力を持ってないと思います・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です