老人

50歳までに一度も結婚しない人の割合を「生涯未婚率」というそうですが、この生涯未婚率が、2015年は男性が23.4%で、198年の10倍(!)なんだそうです。

男性の「生涯未婚率」急上昇は○○のせい? 対策に「シニア恋愛」支援も

実に、4人に1人となるので、もはや少数派とは言えません。

僕自身、あと4年間未婚で過ごせば、「生涯未婚者」の対象になります。

男女雇用機会均等法によって、自立した女性が増えたことが要因の一つだってことですが、個人的には自立していない女性を養うのはイヤなので、女性が働いて稼げる方が、むしろ結婚のモチベーションは高まりますけどね。
子供が生まれると状況は変わりますけど、結婚して共働きした方が、家計的には楽になるんだそうです。

記事によると、日本人のほとんどが結婚、出産するようになったのは、明治以降の富国強兵のスローガンのもとで、政府が結婚、出産を奨励するようになったからだそうです。

結婚して子供産む・・・というのは古来からの伝統、慣習ではなかったんですねえ。

僕自身、この歳まで結婚せず、子供を持たなかったことに対しては、後悔していませんね。
自分の人生の選択も自由にできるし、お金も自分の好きなように使えます。
生きる上で、しがらみも制限もありません。

過去に結婚したくてしょうがなかった相手がいたら、そうは思わなかったかもしれませんが、いませんでしたからね・・・

で、会社を辞めて無職になり、いまは沖縄に移住してしまっていますが、「会社を辞めるとモテなくなる。結婚して、家族を持つ人生はさらに遠くなる」と覚悟していました。

でも、実は意外にもそうではないんですよね。
先週も女性の知人が沖縄に遊びに来ていて、アプローチされました。
その気がないので逃げたけど。

こちら(沖縄)で相手を探す・・・という道も、まだ残されていると思っています。
沖縄の女性は美人が多いし、働き者だし、東京の女性ほどスレてもなければ、贅沢もしなさそうですからねえ。

まあ、積極的に相手を探す気もなければ、婚活もしませんけど、かたくなに結婚を拒むことはしないつもりです。
まあ、こんな感じで余裕ぶっこいてると、いつまでも相手は見つからないというのが、これまでの経験でもありますけどね(苦笑)。


2件のコメント

  1. 煙々

    私も記事にしましたが、しなけければならない!とか、しないと白い目で見えられる、大人とみられない等々、そういうプレッシャーがなくなってきていますから。親から、孫が見たいと言われるくらいでしょうか、いや40歳すぎたらそれも言われなくなるかな。
    メリットとか、だれか異性と一緒にいたいと思わなく、上記プレッシャーもなければ、独り身は増えることはあっても減る事はないような気がします。

    返信
    • bucketlist

      コメントありがとうございます。
      沖縄では、お金のない人が多いですけど、東京よりも既婚率は高いし、子供もちゃんと生んでいます。
      離婚率も高いですがね・・・
      報道では経済的な面ばかり強調されますが、私も慣習的な要因の方が大きいと思います。
      僕も、実家に帰るといまだにプレッシャーありますが、いまは帰らなくなったので、結婚や子供を産むことに対してなんの圧力もないですね。
      何となく、周囲の目が気になるというのはありますけどね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です