勉強

投資ともアーリーリタイアとも関係ない話題ですが・・・

「3.9+5.1=9.0」は減点対象 小学校算数の奇習に茂木健一郎が苦言“子どもたちへの虐待である”

虐待かどうかはさておき、非常に不思議ですね。

私は理系出身なんですが、減点するのは完全におかしいです。
それどころか、「9」よりは「9.0」と表記する方が科学的には正しいのです。

減点するとすれば、むしろ小数点以下のゼロを丸めて「9」とした子供の方です。

理由を説明しましょう。

科学の世界で、計測したデータは整数にならないことが多いのです。
そんな時「有効数字」という概念が登場します。
数値の記載においては、何桁までのデータが妥当(有効)のか?ということを明確にすべき、ということなんです。
実験レポートや論文を書くときに、この辺はきっちり指導されます。

上記の計算では、小数点以下1桁の計算で、有効数字は2桁。
だから、計算結果の有効数字も2桁で(小数点以下1桁まで)表記するのが適切です。

「9」と丸めてしまうと、「9.4」や「8.5」を四捨五入したものである可能性も出てしまいます。
そんな曖昧な表記は科学的に好ましくない!
ということになります。

数字だけの説明だと、良くわからないなぁ。

・・・という人もいるかもしれないので、例え話で説明しましょう。

「バスト80センチ」という女性がいるとします。
2桁で言っている以上、彼女のバストは、79センチでもなく、81センチでもなく、(ほぼ)80センチであると解釈できます。
ちなみに、79.5センチは「許容範囲」です(四捨五入すると80センチだから)。

それを、端数を消してしまう(有効数字を1ケタに丸めてしまう)と、75センチでも、84センチでも、同じ「バスト80センチ」ということになってしまうんです(!?)。

バスト75センチと、84センチでは全然違うだろう!!

おっぱい星人(死語?)でなくてもそう思うに違いありません。

だから、本来は端数をちゃんと書くことで減点するのは、おかしいわけです(!?)。

余計わけのわからない説明になってしまったかもしれませんが・・・

そもそも、教科書自体、間違いだらけなんですよね。

例えば、「平行線は交らない」「三角形の内角の和は180度である」というのは間違いで、「ユークリッド空間においては」というのを冒頭に付けないと成立しません。

ソースカツ丼の存在を知っている人にとって「カツ丼は卵でとじてある」という命題が間違いであることが明確なのと同じことです。

で、日本において正しい回答が減点されるかというと、「たとえ間違っていたとしても、権威ある人が言うことは受け入れなければならない」ということを教えるためだと思います(!?)

社会に出てみると、このことはすごく実感します。

芸能人は、スリーサイズだけでなく、測り間違えようのない年齢まで詐称していたりします。
それで罰せられることはないし、不利益をこうむることもない。

それだけならまだ良いのです。

偉い人が強力に推進しているプロジェクトに対して、「リサーチの結果、このプロジェクトの黒字化は難しいことが分かりました。中止しましょう」と、下々のものは口が裂けても言ってはダメなのです。

「社長のご子息からって無能な人を昇進させるのは間違っています」みたいなことも、口が裂けても言ってはいけません。

だから、テストで正しい解答をして、減点されるのは、何らおかしいことではありません。
子供のころから、間違ったことを受け入れる受容力、忍耐力を付けておくのは、この社会で生きていくうえでとても大切なことですからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください