大分の甲子園練習に女子マネ 15分後に関係者制止

とのニュースが物議を醸してます。

「女子選手は練習もアウト」ガラパゴス化が進む甲子園の「前時代的」な規則に非難殺到!女子が高校野球の聖地に立てる日は来るのか?

みたいな批判が一般的ですね。

昔から思ってたんですが、高校野球はスポーツではなくて宗教だと思うんですよ。

甲子園球場は聖地であり、そこで行われる高校野球大会は宗教儀式です。
実際、上の報道では「聖地」と書かれてますからね。

だから、大半の球児が頭を丸めて修行に励むんだと思いますし、合理的とは思えない根性論がはびこったりする。

『野球教の詩』なんて作品もあったくらいですからね。

・・・多少文字が違ってるかもしれませんが、細かいことは気にしないでください。

相撲で女性が土俵に上がれない事に対して、日本相撲協会は「伝統性の保持のため」と説明していました。
相撲も元々は神事でしたからね。

こういうのって世界に普通にあるんですよね。

女人禁制 – Wikipedia

宗教の聖地はもちろんですが、古代ギリシアのオリンピックは女性は出場不可、観戦は未婚女性だけだったんだそうです。
なぜ、既婚女性がダメで、未婚女性がOKなのかは謎ですが・・・
ムエタイの2大聖地も女性はリングに上がれないんですね~

日本高野連は、今回の件について「危険防止のため」とか言ってますが、説得力がないし、人々から納得されてもおらず、批判されています。

「高校野球は宗教で、甲子園は聖地です。権威と伝統を守るために女人禁制となっています」とはっきり言えばいいんだと思います。

まあ、世間様は余計に怒るかもしれませんが、それが事実に近いんじゃないんでしょうか?

そう言えば、僕が高校生の頃、母校が甲子園に初出場を果たしました。
そこでホームランを打った先輩がいたのですが、校則違反をしても許されていました。
テニス部のテニスコートがつぶされ、野球の練習場に変わりました。

その時は、「なんで野球部だけ特別なんだ!?」と思っていました。
でも、改めて「高校野球は特別で、スポーツではなく、宗教なんだ」と理解すれば、すんなり受け入れられるんですよね。

それはそれで、大手のメディアが特定宗教に肩入れするのか?という問題は生じると思いますがね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください