低所得者2千万人に1万5千円給付方針 政府の経済対策

案の定この政策に対して批判的な意見がたくさん見られますね。

政府がやることなすこと批判するのは品がないと思うので、あまり批判めいたことは書かないようにしているのですが、この政策はどうかと思います。
「消費税を上げておいて、その後でばらまくのは何事だ」という意見もありますが、この批判はちょっと違う気もします。
あまねく課税をして、必要な人に配分するという発想自体は、別に間違っていないとは思います。

ただ、この政策の効果が疑問なんです。
弱者支援は大切ですが、根本的な問題解決にはならない気がしますねぇ・・・

まずは、
・世代間格差の是正
・非正規雇用問題の解決
が先決だと思います。


2件のコメント

  1. 給付の理由が、消費税は逆進性だからということらしいのですが、疑問に思ってます。
    所得が多い人の方が消費額も多いわけで、消費税の負担も多くなるはずです。
    現在だけでなく、将来の負担も考えれば確実です。消費税非課税の物、土地とかばかり買っていれば消費税の負担は増えないでしょうが、そんなことはないわけで。
    一番の平等は、人頭税、一人当たりいくらのはずです。それでは問題が生じるということで一部の人にドカンと所得税を課しつつ、広く薄くの消費税のはずですがねー。
    私も早くリタイアして、低負担高受益を堪能したいです。したいと言うか、国がそういう方向へ国民を誘導しているのですから、それに従いたいというのが正確ですね。

    返信
  2. bucketlist

    最近いろいろ調べているのですが、日本の税制って、「資産はあるけど働かない」「働かずに社会保障を利用する」という人に有利にできていますねえ。
    どうしようもない人に手を差し伸べることは重要だと思うのですが、抜け道が多すぎて、不平等が生じるのが常態であるような気がします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください