木村剛元会長に5億円賠償命令=ずさん融資で振興銀に損害-東京地裁

なんだそうです・・・

木村剛氏は、『投資戦略の発想法』という良書をお書きになっており、僕が株式投資の初心者だった頃、多くを学ばせてもらいました。
現在でも有効な良書だと思います。

以前にも書きましたが、どこで間違っちゃったんでしょうねぇ。

尊敬する投資家の変節

木村氏に限らず、村上ファンドの村上世彰さんといい、ホリエモンといい、光通信の重田会長といい、転んでもタダでは起きないしぶとさをお持ちです。

僕にはとてもマネできません。
彼らのエネルギーを見ていると、「自分はとても成功者にはなれないなあ」と思います・

学生時代には、徳田虎男氏の「頭の悪い奴が成功する―奇跡を生みだす行動の哲学」を読んで「このくらい努力しないと、一流の人間にはなれないんだな」と触発され、受験勉強にいそしんだものです。

そしたら、選挙法違反とか、親族への利益供与とか、暴力団との関係とか、色々と黒い話が出てきた。

会社に入ってからは、ワタミの渡邉美樹氏を尊敬していました。
そうしたら、過労自殺だの、業績悪化だの、いろいろとボロが出てきた・・・

投資に関しては、初心者の頃、上の木村剛氏や、内藤忍氏(笑)から多くのことを学んできた。
そうしたら・・・(以下省略)

僕が、ひそかに「師」として仰ぎ見てきた方々は、いまは「どうしちゃったんだろう?」という状況に陥っています。

「仰げば尊し」どころか、「仰げば賤し」という感じです・・・

翻って自分を省みるに、大成功はしてないけど、大失敗もしていない。
彼らと比べると、起伏のない人生かもしれないけど、凡人にはそれがふさわしいかもしれない。
平凡かもしれないけど、いま現在に至るまでそこそこの人生が送れているから、それで十分なのかもな・・・

彼らの来し方を自分の人生と照らし合わせて、そんなことを思ったりしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください