Vincenzo Camuccini, "Morte di Cesare", 1798,
Vincenzo Camuccini, “Morte di Cesare”, 1798,

「乙武洋匡」氏が不倫を認める 過去を含め5人の女性と

乙武さんよ、お前もか!

と思いましたね~

2ちゃんで「ゲスの極み乙武」と言っている人がいましたが、、、

コリャおじさん一本取られたな! と思いましたよ。

あと、ショーンK氏の学歴詐称でもそうでしたが、こういうのが明るみになると「俺は最初から怪しいと思ってたんだよ」みたいなこと言う人が出てきます。

じゃあ最初から言えよ!

と思いますね。

株価が激下がりした時に、「こんな銘柄に投資する奴がバカ」「株価が割高なのは最初から分かっていた」みたいなことを言う人が出てきます。
「じゃああんたは、凄い稼いだんでしょうね~」と言いたくなりますよ。

あれ? 話が逸れましたね。

「五体不満足なのに、下半身は元気なんだな」みたいな不謹慎なことを書いている人もいました。

まさに生命の神秘ですね。
生命に対する畏敬の念を抱いてしまいます(!?)

また話が逸れた・・・

不倫に関しては、以前も書きました。

不倫を受け入れる女たち

奥さんや子供に対しては、たしかに良くないことなのですが、面識もない赤の他人の家族を心配して、不倫の当事者をバッシングすることもないんじゃないかなーと思います。

まあ、宮崎謙介・元衆院議員のように、発言と行動が一致していないと、政治家としては信頼失うわけですが。
乙武さんも、おそらく政界への進出は断念せざるを得ないんでしょうね・・・

また話が逸れました。

では、どうして人々は「不倫はダメだ!」と言い立てるのか?

サルの社会では、力のあるボスザルがメスを支配するのが一般的です。

人間社会も同じで、力のあるオスが、お金も権力も女も独占するものじゃないでしょうか。

しかしっ!

現代社会(少なくとも先進国)においては、一夫一婦制度が浸透して、名目上は、誰にでも生殖、すなわち子孫を残すチャンスは平等に与えられている。
実際に、そのチャンスが活かせるかは別問題ですが。

現代社会においても、富と名声は少数の勝者によって独占されています。
ただし、生殖の機会だけは、名目的にはみなに平等に与えられている。
弱者でも預かることのできる、最後の恩恵ともいえるわけですね。

だから、それが一部の強者によって独占されることに対して、人々は強い不快感を示すのではないでしょうか?

まあ、勝手な意見ではありますけど。

まあ、人の不倫を責めるよりも、自分の配偶者と子供を大切にすることの方が建設的ではないかと思いますよ。
独身かつ、子なしの僕が言ったところで、説得力ないですけどね。


3件のコメント

  1. はなこ

    ショーンKはあの独特の安っぽさと得体の知れない暗さが大卒にさえ見えなかった。
    最初に彼をニュースステーションで見た時の衝撃は凄かった。
    言ってる事も無難な一通りの事ばかりだが、そんな事より顔見れば一目瞭然。
    乙武は既に何期物つとめたような完全な政治家顔。女好きは特に顔に出る。
    宮崎議員はあそこまでとは思わなかったが、図抜けた軽薄さ、軽さは顔に出てる。以上の様な事、まともな人は誰だってわかってると思ってた。はじめから言えよって言われても、私はそういう事をわざわざ投稿する趣味はなかったから。他のまともな人もそうなのでは?
    株の予測とは違う。人間、特に男は、中身がかなり顔に出ますよ。リンカーンも言ってるでしょ?
    私にとっては、この様な悪い意味で強烈な個性の人達をもまるで見抜けず、後になって騙されたと怒る人達の方がよほど不思議だしショック。失礼ながらそれも知性の問題の気がする。

    返信
  2. 馬三人

    はなこさん
    ではあえて問いますが、まだ発覚していないあなたが思う「うさんくさい人物」は誰ですか?
    顔見れば一目瞭然ならば教えてください。
    万桜さんのブログを見ている芸能人なんて誰もいないでしょうから?この場ならバラしてもいいでしょう?

    返信
  3. bucketlist

    横から失礼します。
    僕が見る限りだと、「この人勉強してないなあ」と思う、アナウンサーやコメンテーターはいますが、「うさん臭い」というほどではありませんね。
    逆に、伊集院光とか、学歴は低くても(彼の場合は中卒)賢いなあ・・・と思う人も結構いたりします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください