自民党の議員が銀座クラブに行ってバッシングされるなか、ミャンマーでクーデーターがおき、軍事政権が政権を掌握してしまいました。

ミャンマーでクーデター スー・チー氏拘束 軍が非常事態宣言

僕は、何でもかんでも中国の陰謀にするような、エキセントリックな愛国者ではないですが、この政変には中国の影響が少なからずあるんじゃないかなぁ・・・

と思っていましたが、やっぱり国際社会が強く介入できない事情があるんでしょうね。

スー・チー拘束でも国際社会がミャンマー政変を「クーデタ」と認めたくない理由

10年ほど前にミャンマーに行きましたし、ミャンマーに近い中国雲南省にも行ったことがあります。

中国とミャンマーは国境を接していますし、雲南省なんかに行くとミャンマー系の少数民族も住んでいますので、中国-ミャンマーの関係はなかなか一筋縄ではいかないところがありますね。

ミャンマーは発展はかなり遅れていますが、人々は優しいし、仏教国で信仰心が篤くて、日本人からしても親しみが持てます。

占拠の結果が不正だとして、クーデータを起こす・・・というのは、つい最近トランプ大統領がやったことに近いなあ・・・と思います。
もちろん、トランプはクーデータは起こさず、国民を煽っただけなんですけどね。

形は違えども、先進国でも発展途上国でもほぼ同時に同じようなことが起きているのは、興味深いことではあります。

よく、日本のメディアは「日本の政治はダメだ」、「日本の政治家は無能だ」とか言ってますし、新型コロナ以降、特にいまの菅政権に対しては、みんな手厳しいです。

でも、海外ニュースを見ていていると、海外の政治家の方が酷いことしていると思うんですよね。

メディアは、ドイツのメルケル、台湾の蔡英文、ニュージーランドのアダーン、あるいは、カナダのジャスティン・トルドーあたりを紹介して、彼らと比べて「日本の政治家はリーダーシップがない」みたいなこと言うんですが、こういう人だけ持ち出すのはフェアじゃないですね。

リーダシップがあると言えば、習近平、プーチン、トランプ、ドゥテルテ(フィリピン)、ボルソナーロ(ブラジル)なんかはかなりリーダーシップがあると思いますが、日本は「彼らに学べ」とはまず書きません。

他の先進国のトップを見ても、ジョンソン(英)、マクロン(仏)、文在寅(韓国)とか、たしかに日本の政治家よりはリーダーシップもあるし、カリスマ性もあるけど、彼らに統治されたいかというと・・・まあ、とてもそうは思えないんですよねぇ。

タイや香港も昏迷状態にあって、民主主義が守られているとは言い難い。

日本の政治家は、確かに他の国と比べて無能かもしれませんが、有能で強権振るわれるよりは良いし、日本は権力者が強権を振るわなくても、秩序が維持できる国です。

僕自身は、そういう国に生まれて、そして、そういう国で暮らせて良かったと思うし、日本国民は自分の国にもっと誇りを持っても良いんじゃないかと思いますよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください