日本は感染者数が増え続けていて、緊急事態宣言が発令されることになりました。

「この冬は危ない」と以前から言われていたので、いまさら騒ぐことでもないと思うんですけど、みんな油断していたというか、本気でヤバいとは思ってなかったんじゃないかなあ・・・とは思います。

さて、菅政権は対応の遅れで、早くも支持を失ってきていますが・・・

緊急事態宣言を出したら出したで、飲食業界やら旅行業界やら、経済的ダメージが大きいので、彼らの補償をどうするかって話になりますから、問題は山積しています。

依然として、ホリエモンや三浦瑠璃みたいに、「経済活動を優先すべき」みたいな人も少なからずいるので、感染対策を強化したら強化したで、批判されますからねえ。

僕としては、早期に感染を抑え込まないと、経済も何もあったものではないと思うので、いまは経済より、感染対策を重視すべきだと思っていますが・・・

一方のアメリカでは、ジョージア州の上院決議投票で民主党が2議席獲得して、民主党が上下院の両方で支配的となりました。

ジョージア州上院決選投票、民主党が2議席獲得 上下院支配へ

トランプ政権後、特にコロナ以降のアメリカを見ていると、「この国は大丈夫か?」と心配になっていましたが、アメリカという国は行き過ぎるところがある反面、行き過ぎるとちゃんと揺り戻す力が働くんだなあ・・・と思いました。

ブッシュ政権の後のオバマの大統領就任の時もそうでしたが。

その一方で、トランプ支持者が議会を占拠するという事件も起きています。

トランプ氏支持者が議会占拠、1人死亡 バイデン氏「反乱」と非難

日本で同じことが起きたら、大事件なんでしょうが、こういうことが起きてしまうのも、またアメリカなんですよねえ。

中国の人権弾圧も続いていて、香港もヤバい状況ですし、2021年になっても、あまり世界は落ち着きを見せる気配はないですねぇ。
アリババグループの創業者も行方知れずになってしまって、本当に中国共産党は不気味だなあ・・・と思います。

そんな中で、株価は好調で、スルスル上昇しています。
資産が増えて嬉しいかというと、そうでもなくて、実態と乖離しているのが気持ち悪いですね。

良くも悪くも、2021年は2020年から大きく変わってはおらず、去年の問題を延々と引きずっているという感じですね。

「心機一転」という訳にもいかないので、当面はしっかり現実と向き合っていくしかなさそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください