決済+計算

新型コロナの感染拡大が続きます・・・

さすがに、ここまで長期化、ここまで感染が拡大するとは、数か月前は思ってもいなかったですね。

さて、GoToが東京・名古屋も除外される可能性が強まってきました。
東京に行かなければならない用事ができて、GoTo使って予約入れていたんですが、本当に除外になれば、LCCで取り直すかどうしようか・・・と考えています。

東京・名古屋向け一時除外 GoTo、出発分は自粛―札幌・大阪並み、下旬まで

ただ、GoToが感染拡大の要因になっているかは正直良くわかりませんね。

GoToについては、先月本ブログでも書きましたが・・・

GoToは愚策なのか?

当初は、僕はGoToには反対でしたが、実際導入されてみると、「GoToが感染を拡大させている実態はない」と思えたので、反対を撤回しました。

東大/UCLAが「GoTo利用者の方が新型コロナ発症者が多い・・・」とする論文を出したとかで、野党がGoToの政策を攻撃する論拠として活用されましたが、その後、著者自身も「因果関係は断定できない」みたいな発言をしたり、ファクトチェックに基づいても、やはり「GoToがコロナ感染を助長している」とは言えないみたいですね。

Go Toトラベル利用者の方が、新型コロナウイルス感染症を示唆する症状をより多く経験していることが明らかに⇒「不正確」 ~SFSSが東京大学/UCLAの疫学調査研究をファクトチェック!~

『ファクトフルネス』という本がベストセラーになり、「思い込みではなく、事実に基づいて物事を判断しよう」という潮流が生まれたと思っていたんですが、コロナ対策を見ても、全然ファクトに基づいて政策決定、施行されている感じがしないんですよねぇ。

感染が拡大する ⇒ 反政権派の政党や国民がGoToを槍玉に上げる ⇒ メディアも取り上げ、政権が批判させる ⇒ GoToの見直しが行われる

みたいなことをやるんですが、結局は後手に回って、大した成果も上げられないんだろうなあ・・と思います。

もうちょっと先手を打って、ちゃんとデータを活用して事実に基づいて判定して、事実と異なる批判はちゃんとデータに基づいて反論して、有効な政策を講じる・・・というのが理想的なんでしょうが、政治家も国民も、事実やデータに目を向けたくなんかないし、目を向けてもそれを有効に活用できるほど、頭が良くないんでしょうねえ・・・

結局、菅政権が嫌いな人は、GoToの政策が有効かどうかにかかわらず、「GoToは愚策」と批判するんだろうし、GoToの恩恵を受けて旅行に安く行きまくっている人は、「GoToが一方的に悪者にされている」と主張するんでしょうねえ・・・

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください