飲み会
写真はイメージですっ!

一昨日のことになりますが、『ねほりんぱほりん』で、「港区女子」の特集してました。

港区で派手に遊びまわっている女子の紹介でしたが、彼女たちは「ギャラ飲み」と呼ばれる、金持ちの男が全額支払ってくれる飲み会に参加して遊んでるって話でした。
で、色々と危ない目にも遭ってる・・みたいな話も出てたんですけど、「こういうのってごく一部の世界の話だろうな」と思いながら見てました。

そうしたら、「テキーラ事件」という、まさに番組で語られていたようなことが実際に起きていて、ニュースになってました。

恵比寿の会員制ラウンジで、テキーラを一気飲みさせられた女性が死亡するという事件ですが、「30分で飲みきったら10万円!」みたいなゲームをやってたそうです。

女性が急死した「テキーラ事件」 現場にいた光本勇介氏が語る真実

アメリカのIT起業家が宇宙開発とか、感染症の撲滅とかに大金を費やしたりしていますが、そういうのはごく一部で、大半の金持ちは、「飲む・打つ・買う」にお金を使ってしまうんだろうなあ・・・と改めて思ってしまいました。

若い人には「飲む・打つ・買う」って言われても、よくわからないかもしれませんが、

  • 飲むは、酒を飲むこと
  • 打つは、ギャンブルをすること
  • 買うは、女を買うこと

上記を広い意味で解釈すると、生活費を十分に上回るお金を得た人のやることって、上野3つのどれかだよなあ・・・と思います。

まあ、明確に趣味がある人は、そこにおかねをつぎ込んだりもするんでしょうけどね。

テキーラ一気飲みゲームに女子を参加させることって、上記3つ全部を満たしてるんじゃないかと思うわけです。

金持ちが、意味あることにお金使ってくれれば良いんですけど、そうでない以上、富が偏在してしまうのは、世の中にとって良くないことだなあ・・・とつくづく思いましたね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください