とうとう、トランプ大統領まで新型コロナウイルスに感染してしまいましたねぇ。

トランプ米大統領、数日間入院へ 「私はとても元気だ」

マスクもしないで集会やったり、感染気にせずに振舞っていれば、そりゃ感染もするでしょうよ! と思ったりもします。

同じことを日本の総理大臣がやってたら、完全に国民の支持率を失っていたでしょうねぇ。
「自己管理ができていない」とか言われるに違いありません。

「為せばなる 為さねばならぬ 何事も 成らぬは 人の為さぬなりけり」という言葉に象徴されるように、日本人は「努力次第で何とでもなる」と考えます。

欧米人は、日本人と比べると「自分の力で何とかなる」と思う要素が低いそうです。
宗教心は薄くなっていても、「全ては神の思し召し」と考えてきた歴史の名残かもしれません。

トランプの感染も「運が悪かっただけ」として受け入られるのかなあ……と思いました。

さて、トランプの感染報道で日本株は急落。
米国株も下落しました。

TOPIXは1%、S&Pは0.96%の下落です。

大した下落ではないなあ……と思います。

討論会の後も、日本株は下落しましたが、米国株は上昇しました。
「バイデンが当選すると株価は下がる」と言われていて、日本株はそれを織り込んでいますが、米国株は逆に動きました。

トランプが大統領になった際も「株価は下がる」と言われていて、日本株は暴落しましたが、米国株は急騰しました。

結局、「予想されていた株価の動きは、全然当たっていない」ということになります。

今回の大統領選も同様だと思いますね。

ひとつだけ言えそうなのは「次期大統領が決まったら、株価は安定する」ということでしょうか。

僕自身は、バイデンになろうが、トランプになろうが、株価は一時的に上昇するんじゃないかと思っています。
株式市場は不確定性を嫌いますから、不確定性要素が減れば株価は上がると思うんですよね。

トランプは重症化していないようだし、公務への支障は限定的だと思います。
上に述べたように、アメリカ人は別に感染したからといって、トランプに対してネガティブな捉え方をしないでしょうから、選挙に対宇する影響は限定的だと思います。

投資家としては、大統領、および大統領選がらみの動向に惑わされず、どっしり構えて粛々と自分のルールに基づいて投資を続ければよいだけだと思いますね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください