日本

菅内閣の支持率が74%と、高評価です。

菅内閣支持率74%、発足時歴代3位 「人柄」を評価

当初は、石破だ河野だとか言われていて、菅さんってあまり人気がなかったはずなんですが……

次期首相 石破氏28% 河野氏15% 菅氏11% 岸田氏は6%

世論調査って本当に当てにならないなあ……と思います。

調査方法が当てにならないというだけでなく、世論なんてすぐ変わるものなんですよねえ。

メディアの報道にしても、「二世議員でもなく、田舎の農家から裸一貫で総理大臣までのし上がった」みたいな評価がされるようになっています。

安倍総理にしても、辞意を表明したら手のひらを返したように、「外交で高い功績を遺した有能な首相」みたいな報道がされていたので、違和感を覚えましたよ。

別に、功績を評価することが悪いんじゃなくて、論調をガラッと変えてしまうところが問題だと思うんですよねぇ。

実は、これは海外メディアでも同様です。

英語メディア(米英)に関して言えば、第二次安倍内閣発足後しばらくして、「安倍政権の下で日本は右傾化している」みたいな報道が結構あったし、「メディアが政権によってコントロールされている」みたいなことも言われていました。

ところが、安倍総理の辞任の報道が出ると、米英のメディアもやはり「外交を中心に大きな功績を遺した総理大臣」みたいな報道がされるんですよねぇ。

日本のメディアに関しては、トランプについても、大統領就任前は批判的な論調が目立っていましたが、就任後は批判的な論調は後退しましたね。

一昨年、ヨーロッパに行ったら、トランプに対してかなり批判的な報道がされていたし、日本で海外ニュースを見ていても、アメリカのメディアもトランプにはおおむね批判的な報道をしています(FOXみたいな例外もあるけど)。

安倍総理とトランプの関係は比較的良好で、日米関係も悪くないので、メディアも忖度しているのかもしれないけど、政治に対するメディア報道って、一見批判しているようにみえても、巧みに現政権に寄り添って、忖度しながらバランスを取ってる(「中立的になるように」という意味でなく、「権力につぶされないように」という意味)んだなあ……と思います。

元々、メディアの報道はあまり信用しないようにはしているんですけど、最近の報道を見ていても、「これまで以上に信用できないなあ」と思うし、それは日本のメディアだけでなく、他の先進国のメディアも同様だなぁ……とも思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください