高級外車が販売好調だというニュースを見かけました。

なぜポルシェは販売絶好調? コロナ禍でも前年比超え「一人勝ち」の理由

コロナ禍でも好調の高級外車 1千万円超が売れる理由

偶然かもしれませんが、街を歩いていても高級外車が結構走っているなあ……と思います。

車には詳しくないので、理由は記事にあること以上のことは良くわからないのですが……

社会環境とせは、コロナによっても、金持ちはあまり影響を受けていないとか、地方志向、公共交通機関離れが進んでいるとか、そういう理由はつけられるし、高級車に少なかったEV車やSUVが導入されているという、自動車業界内の変化もあるのかもしれません。

そう言えば、ITバブルの頃、先輩が会社を辞めてITベンチャーの役員として迎えられたんですが、彼は調子に乗ってポルシェを買ってましたねえ。
いまは知りませんが、当時のITベンチャーの成功者はポルシェに乗っていることが多かったと思います。

以前、橘玲さんの本を読んでいて、「中小企業の社長が高級外車に乗っているのは経済合理的な理由がある」という話が出ていたと記憶しています。

たしか、

  1. 減価償却費による節税ができる
  2. 資産価値が落ちにくいので、お金が必要になれば売却すればよい
  3. 「金持ちだ」というアピールができるので、事業面でもメリットがある

みたいな話だったと記憶しています。
ただし、中古車の方が良いという話だったと思うので、いまの高級外車ブームがこれに当てはまるのかはわかりませんが。

まあ、いずれにしても、高収入の都心在住の会社員が高級外車を買うのは、節税もできないし、維持費もかかるし、利用機会も少ないので、全く得ではないと思いますね。

ブランド物の時計や、美術品なんかは、節税はできないかもしれませんが、資産価値が落ちにくいものを買えば、売って現金化できるし、自己アピールにも使えます。

本当にお金を持っている人は、一見すると浪費をしているように見えても、合理的な計算をしていたりするんですよねえ。

いずれにしても、コロナ禍でも成功し続けられる人はしたたかじゃないとダメだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください