日本

更新が滞ってましたが、沖縄県内で2泊3日の小旅行に行っていました。

PCを持参するつもりが、うっかり持っていくのを忘れていて、ブログが更新できなかった次第です(スマホで長文を打つのは大変で・・・)。

さて、そうこうしているうちに、次の内閣総理大臣が菅さんに決まりましたねぇ。

新内閣の陣容も発表されましたが、あまり変わり映えしないなあ……という印象です。
相変わらず、年齢層も高いし、男ばかりですねぇ。
まあ、菅さんになった時点で、安倍政権から大きく変わらないってことが前提となっていたんだと思いますけどね。

海外に視点を移すと、良くも悪くもすごく社会が動いている感じがします。

アメリカは、大統領選を前に大きな動きがあるし、ブラックライブズマターを嚆矢に、市民運動も激化している。

欧州は欧州で、感染拡大は一向に止まりません。
加えて、BREXITでもめたり、ギリシアの難民キャンプで放火が起きたり、ベラルーシやレバノンなどの周辺諸国が不安定化しています。

アジアでも、タイや香港も市民は不安定な状況に置かれているし……

という状況ですし、そうした中で、若者層を中心に、でもが起こったりしていて、「世界が変わりつつあるなあ」と思えるんですよね。

一方で、日本は、新型コロナの影響も欧米ほどには深刻ではないし、良くも悪くも社会は安定していて、変化があまり起こる気配がありません。

新型コロナ対応で政府に不満は抱いても、デモを起こすほどでもないし、たとえデモを起こしても「社会が変わる」という手応えはないんでしょうねえ。

たとえ国民投票をしたとしても、最終的に次期首相は菅さんになったんじゃないかなあ……という気もします。

株価もさほど変動してないですしねえ。

「アベノミクス」とか言っても、日本経済は安倍さんが辞めても大きな変化はなさそうだし、このままコロナが収束していけば、経済も株価もパッとしない代わりに、大きな社会問題も起こらない、低空飛行の安定した日本社会が続くんだろうなあ……と思います。

良くも悪くも……

米中の動きが気になるところですが、日本の変化はいつも「外から来る」ものだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください