ヤフーが面白い人材募集をしていますね。

ヤフーが「副業社員」募集、働き方多様化で人材確保

「副業社員」と書いていますけど、実際は専門知識を持つ短時間労働できるプチコンサルタント的な人材を集めよう・・・という発想のようですから、別に「副業」として応募する必要はないんですよね。

最大5時間の労働で、5万円の報酬ってことですから、時間単価は1万円くらいで、結構良いですね。

僕自身は、もはやフルタイム勤務するつもりはないのですが、「1日2~3時間勤務で月20万円くらい稼げる仕事があればやりたい」とは思っています。

配当金や分配金で月平均10万円ちょっとの手取り収入がありますから、月20万円労働収入があれば、平均月収は30万円くらいになります。
それを生活費委にあてれば、資産を取り崩さないで生活できてしまうという計算になります。

「2億円も資産あるなら、資産を取り崩しても良いだろう!」と思うかもしれませんが、僕みたいな蓄財オタクにしてみると、資産が減ることは精神的な苦痛が伴うし、多少は働いて社会と接点を持っていた方が社会活動面でも、個人の精神衛生的にも良いと思います。

ただ、そういう仕事はなかなかないんですよね。

個人事業主として労働時間を調整しながら適度な量の仕事を受ければよいんでしょうけど、そんなに都合よく仕事は入ってこないんですよねえ。

ヤフーのような、短時間で利益率の高い仕事を複数受ければ、上の目的は達することができてしまいますね。

もちろん、一定の知識やスキルが求められるし、競争率も高そうだから、採用してもらえるとは限りませんけどね。

ただ、こういう雇用の仕方が増えてくると、会社員自体やる必要がないし、セミリタイア族にとっては、副業ではなく「本業のひとつ」としてこういう仕事を受ける――ということもできます。

僕自身、ヤフーに応募してみようかなあ・・・なんて考えています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください