さっき、NHKスペシャル『AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン』をやってました。

NHKが開発したAI(人口知能)に5000種のデータを入れて、日本の課題解決のヒントを導き出す・・・
意外性があって面白かったですよ。
あと、司会のマツコデラックスが鋭いし、有働由美子アナとの掛け合いもなかなかでした。

ただ、疑問も結構ありましたね。
因果関係と相関関係をごっちゃにしているんじゃないか・・・という気がします。
AIで導いているのは、相関関係であって、因果関係ではない気がします。
にも拘らず、番組内の議論は因果関係を読み取ろうとしているように見える。

因果関係と相関関係がどう違うかを例に取って説明しましょう。

ビールの売れ行きと、熱中症の発症率に相関があったとしても、ビールが熱中症の原因になっているわけではありません。
気温が高いからビールが売れて、熱中症発症率が上がるのであって、因果関係で言うと、気温や天候が原因となっているってことになるんですよね。
原因を突き止めないと、結論は出せないんですよね。

それはさておき、「40代ひとりぐらしが日本を滅ぼす」というのが番組の最後でありました。
40代ひとりぐらしが増えると、自殺率が上がったり、救急出動件数が増えたり、少子化が進んだり・・・と良いことないみたいですねぇ。
散々な言われようですね。

僕自身は、ハッピーに暮らしているので、あまりリアリティなんですけどね。

ちなみに、40代ひとりぐらしをタイプ分けすると、

<男性>
仕事バリバリタイプ(38%)
結婚したくてもできないタイプ(33%)
現実逃避タイプ(18%)

<女性>
充実キャリア一人で楽しいタイプ(55%)
結婚はこりごりタイプ(22%)
日々に不満タイプ(15%)

僕は「仕事バリバリタイプ」みたいです。
仕事はしたくないし、今はバリバリ働いてもいないんですけどね・・・

まあ、これからも日本を滅ぼす「40代ひとりぐらし」として頑張っていきたいと思います(!?)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください