昨日から始まった、NHKの『白熱教室』の講師は、最近話題になっている『21世紀の資本』の著者、
とまぴー
じゃなかった。
トマ・ピケティ
この番組、とても勉強になります。

特に、「r > g」(「資本収益率>経済成長」)というシンプルな数式から、資本主義の本質が抽出されるというのは目からうろこです。
これは残酷な数式です。
ちょっと乱暴かもしれないけど、一言でまとめると、資本収益率が経済成長率を上回っているため、労働でお金を稼ぐよりも、お金自身から生まれる収益が上回る、、、ということになる。
すなわち、金持ちがどんどんお金持ちになっていき、格差はどんどん拡大していくということになります。
ピケティは、富の再配分を実現するために、累進課税の導入を提唱しています。
日本はすでにそういう風になっているわけですが・・・ それでも格差は拡大していると言われていますね。
政策論はさておき、一個人としてみた場合、どんどん資本を蓄積して(お金を貯めて)、資本収益率を上げていくことが、富裕層への道となります・・・
意外に「中間層」の人たちはその厳しい事実に気づいていないと思います。
働いても働いても、富裕層との格差は開いて、一向にお金持ちになれない・・・
そんな世の中はおかしい! と憤りを感じるのはよくわかるのですが、現在がそんな世界である以上、個人としてどう生き残っていくのかを考えなければならない。
僕たちは厄介な時代に生きているわけですが、いずれにせよ、現在の日本はそれなりの自由は確保されていて、チャンスは与えられているわけですから、それを生かさない手はないと思います。
しかし、『21世紀の資本』の値段は高すぎる!!
「富裕者層」しか買えないような価格設定はやめていただきたいものですなー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください