ETV特集「私たちは買われた―少女たちの企画展―」

うーん。
凄く考えさせられたなあ。

この展覧会の存在は知っていたし、興味もあったのですが、場所が神楽坂でちょっと不便だったし、入場料が1500円(たしか)とこの手の企画展にしては高めだったので、行かなかったんですよね。
番組をみて、行っておけば良かったと思いました。

横浜でアンコールがあるんですね。

私たちは『買われた』展 アンコール開催決定! in横浜

さて、この展覧会はネットで炎上していました。
少女売春について「やる本人も悪いんだ」とか、(展覧会も)「少女を売り物にしているんじゃないか」とか、そういう意見がありました。
番組で紹介されていたネットの声も、同じものだったかわかりませんが、目にした記憶がありました。
僕自身も「そういう側面はあるかもなあ」と思い込んでいたりしたのですが・・・

番組を見て反省しましたね。

行ってみて違和感があるなら、それはそれで批判すれば良いですが、行かないで思い込みや推測で批判をするのはフェアではないですね。

さて、番組で紹介されている少女たちは、家庭環境が悪い人が多い(というかそればかり)ですね。
家に居場所がなかったり、親や兄弟から虐待(性的なものも含む)を受けたりしている。

もちろん、興味本位やお金の欲しさで体を売った少女もいるかとは思います。
人それぞれの事情があって、十把一絡げに語ることはできないですね。

そういえば、番組を見ていて中学校時代のことを思い出しました。
僕が通った中学校は、荒れていました。
学区があまりガラの良い場所ではなかったんです。
同級生の中には、親から虐待を受けている生徒もいました。
途中で、学校に来なくなった女の子がいました。
結構、可愛くて、好きだったというほどではないのですが、ちょっと気になっていました。
後で、その子が売春をしているといううわさが流れました。

田舎だったので、少女売春が行われているとは思わなかったし、まさかこんな身近な人がやってるとは思わなかったので、驚きました。
噂なので、真偽のほどは分かりませんが・・・

家族関係が良い家庭で育った人からすると、ここで語られているような世界が現代日本にあることはなかなか想像できないかもしれません。
番組で紹介されているようなことは、意外にたくさんあるんじゃないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください