さっき、「クローズアップ現代+」「私はAV出演を強要された~“普通の子”が狙われる~」を観てましたが、凄いですね・・・

こういう人権侵害が現代でも行われているとは!

というか、現代ならではの問題のようですね。
若い女性の貧困があったり、インターネットの普及でAV市場の飽和が起きいていたり・・・

現代ってAV天国ですよねえ。
美人がどんどんAVに出演していて、しかもかなりの安値で観れる。

30年も前のことですが、『洗濯屋ケンちゃん』という伝説の裏ビデオがあり、これがビデオデッキの普及を後押ししたと言われています。
当時、田舎の純真な少年だった僕は、本作は観たことなかったですが、一部の少年たちの間で噂になっていました。

当時と比べると、隔世の感がありますよ。

話が逸れましたね。

そんな中、女性にとっては被害に合うリスクも増大しているんですね。

被害にあった女性に対して「引っ掛かる方も悪い!」と言われますが、この番組を見るとそうではないことが良く分かります。

洗脳ともいえる巧妙な手口で出演を強要する。
しかも、被害にあうのは、ちゃらちゃらした女性ではなく、田舎出身の真面目な女性だったりする。
どこにでもいるような普通の女性が・・・

洗脳も怖いですが、人間ってこんなに容易に洗脳されてしまうのか!というのも衝撃ですね。

改めて東京って怖いなあ・・・と思いましたよ。

一時期、AV女優自身から強要を否定する声が出ていましたね。
実際、好きでやっている女優さんもたくさんいるんでしょうし、事務所もちゃんとしたところがあるんでしょうが、そうでない事例もたくさんあるんだな・・・と思いました。
物事は個々の当事者の視点に立ってみないと、判断を誤るな、と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください