沖縄ナガンヌ島

千葉から移住した知り合いがやっている、那覇の飲食店の前を通ったところ、閉店していました。
さほど儲かってはなかったのですが、何とかやっていけている状態ではあったようなのですが・・・
ただ、沖縄の飲食店は都心と比べると収益性が低く、生活は楽ではなかった中、もっとお金を儲けようとして支店を出したけど、そっちが失敗してしまったようです。
前回行ったときは、「支店がうまく行っていないので、そっちは閉店する」と言ってたんですが、本店までも閉店する事態に陥ってしまったようです・・・

さて、先週になりますが、1月9日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)に元女優の田中律子さんが出演されてました。

「恩を返したい」田中律子が離婚直後に沖縄・恩納村へ移住を決断したワケ

田中律子さんは、いま沖縄の恩納村に住んでいるんですよねぇ。
離婚されて、シングルマザーとして恩納村で子育てされていたそうですが、お子さんは留学中で、現在は一人暮らしだそうです(本当に一人暮らしなのかは不明ですが)。
仕事は、自宅を兼ねたヨガスタジオを運営されています。
海沿いの素晴らしい4階建ての戸建て住宅にお住まいで、番組を見ていると、「こんな生活してみたいなあ!」と思えてくるはずです。

番組では良いところしか見せてないので、実際は苦労も多いんじゃないかと思うのですが、それでも田中律子さんは今でも若々しくて、美しくて、表情も生き生きされていたので、たぶん幸せな人生を送られているんでしょうね。

「お金があるからできるんだろう!」と思うかもしれませんが、自宅の価格は「東京の超郊外のかなり中古物件と同じくらい」みたいなことを仰っていたので、おそらく3000万円~5000万円くらいじゃないかなあ・・・と思われます。

この価格なら、入手も不可能ではないとは思います。

沖縄海

一方で、最近下記の記事も見かけました。

定年後に憧れていた「沖縄暮らし」を私があきらめた理由

この記事に対して、批判的なコメントも多くみられましたけど、沖縄に移住した多くの人は、同様の理由で挫折しています。

定年前に移住した人は、「仕事がない」、「収入が低い」という理由で、移住を挫折する人が多いですが、お金があって定年後に移住する人は、上記の記事にある通り、「田舎過ぎてやることがない」、「地元のコミュニティに入れない」という理由で挫折する人が多いです。

那覇はそこそこ都会なので、上の記事のようなことはないですが、その代わりに「のんびりとした田舎の生活」からは少し離れてしまいます。

僕の場合は、「映画館や美術館・博物館があるくらいの規模の都市でないと住めない」と割り切っているので、離島には住まず、たまに観光で行くくらいがよいかなあ・・・と思ってます。

都会に住んでいる人は、定年後も下手に田舎に移住しない方が良いかもしれません。

僕としては、千葉県の成田空港の近くか、関西空港の近く(泉佐野市かその近郊)に住んで、必要であれば東京や大阪の都心に出かけ、LCCを使って日本国内を旅行したり、海外旅行に行ったりする生活も良いかなあ・・・なんて思っています。

旅行に行って楽しい場所が、住んでも楽しいとは限らないですから、その辺は慎重に検討した方が良いと思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください