老人農家

友人が東京から訪ねてきました。
厳密に言うと、沖縄に遊びに来たついでに僕と会っただけなんですが。

彼は50代前半ですが、そろそろ会社を辞めてアーリーリタイアしようと考えているとのこと。
55歳になると、退職金に多少の積み増しがあるので、そのタイミングを予定しているそうです。

彼のプロフィールは、

東証一部上場企業勤務(出世コースには乗ってないが、管理職までは行っている)
独身
資産は1億円弱

といったところです。

僕ほどはケチではないし、資産運用に成功したわけでもないし、給料もすごく高いわけではないようですが、独身であまりお金を使わないタイプで、自然にお金が貯まったようです。
東京で働いてはいますが、住んでいるのは郊外なので、住居費もさほど高くない様子。

彼は旅行と食べ歩きが大好きなのですが、旅行はLCCや格安航空券を利用。泊まるのは安宿です。
食べ歩きも、B級グルメばかりで、高級な店には行きません。
お酒も好きだけど、外で飲むときは大衆的な店しか行きません。

給料がすごく高いわけでもなく、現役時代にガマンしてお金を貯めたわけでも、投資で大当たりしたわけでもなくても、ちゃんとアーリーリタイアできるだけの資産は作れるんだなぁ・・・と改めて思いました。
30代、40代のリタイアは厳しいかもしれませんが、50代なら全然可能ですね。

ちなみに、別に彼自身は会社も仕事もイヤではない様子で、より自分がやりたいことをやるためにリタイアを考えています。

今年は大企業で早期退職の募集が急増していますが、彼みたいな人にとっては「チャンス!」と思えるんだろうなあ。
備えさえあれば、お払い箱にされても恐れるに足りずですね。

独身でなくても、夫婦共働きで二人とも倹約家であれば、アーリーリタイアは可能だと思います。
現実は、そういう人はあまりいないかもしれませんが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください