予定が入っていない週末の夜は、タイムセールを狙って近くのスーパーに行くのですが・・・

最近、僕の好みのタイプのメガネ女子がレジ打ちスタッフで入ってきました。
おかげで、半額シールが貼られたお惣菜を買いまくるのが気が引けます

それはさておき。
「リタイア後はどこに住もう?」なんてことを色々妄想しています。

最近、ブロガーのイケダハヤト氏が高知に移住して東京に住む人たちを逆なでするような発言をして炎上したりしていますが・・・

地方に住むなら、海外移住してしまった方が良いのではないかと思います。
物価もさらに安くなるし、場所によっては快適ですしね。

そんなわけで、海外移住の本を読んでます。

『あなたの人生が100倍楽しくなる「国際自由人」という生き方』 (角川フォレスタ 藤村 正憲)

著者はマレーシアのジョホールバルに移住された方です。
一般性はありませんが、1つのケースとして参考になる本です。

昨日紹介した本の著者も、マレーシアでセミリタイアされています。

海外でのセミリタイア本~セミ・リタイアメント―南の島暮らしが私に教えてくれたこと~

マレーシアは移住には最適なのかもしれませんね。
僕自身は、国としてはタイの方が好きですが。

もう一冊。
『セミリタイア成功術―海外で半分遊んで半分働く豊かな暮らし』(滝沢 修)

こちらの本の方が読み応えはありましたね。
こちらの著者はカナダに移住。
仕事半分、ゴルフ&スキー半分という魅力的な生活を送られています。
ただ、この方はカナダで起業して成功されているのですよね。
だからこそ、こういう生活ができているというところはありそうです。
こちらも生き方の1ケースとして参考になると思います。

どちらも海外でビジネスをやって収益を上げているというケースなので、完全リタイア&移住という形ではありません。
でも、いずれも羨ましい事例であることには違いありません。

いずれにしても、自分のやり方は自分で見出す必要があるってことでしょうね。

特定の国に留まらず、しかもさまざまなノウハウが網羅されているという点では、いまのところ下記の本がベストかと思います。

『終身旅行者PT 資産運用、ビジネス、居住国分散 ―― 国家の歩き方 徹底ガイド』(現代の錬金術師シリーズ 木村昭二)

本書は以前レビューしてますので、そちらを参考にしていただければと思います。

「永遠の旅行者」になるために


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください