昨日のファイナンシャルプランナーに相談してみた① ~資産シミュレーション編~の続き。
「御社の社員の方には40名以上お会いしてきましたが、万楼さんほど財務状況が健全な方はいらっしゃいませんでした」
僕のシミュレーション結果を見ながら、FPの方はこう仰いました。
たしかに、そうでしょうねえ・・・
株やFXのブログを見ていると、億り人(資産1億円以上の人)なんてざらにいそうですが、ブログで目立っているのはそういう人たちなだけで、実際は少数派だと思います。
僕 「定年になってから毎月130万円使っても意味ないんです。退職金も含めて1億5千万円に達したら、早期退職するつもりでします。問題はその後なんです」
FP「御社の方で、これまで3名の方が早期退職を検討されているということで相談を受けましたが、結局はどなたも退職されませんでした。やはり、現役時と比べて生活レベルを下げるのは難しいですからね。2億円あれば十分だと申し上げていますが、5000万円程度ではすぐになくなります。年間500万円使えば、10年で無くってしまいますから・・・」
それは分かるけど、2億円なんて、普通は定年まで働いても貯まらんでしょ 
FP「でも、万楼さんのようなライフスタイルなら、1億5千万円もあれば十分だと思います」
そうか。
たしかに、いまの僕の生活費って、給料の半分以下だもんな。
しかも、残り半分は運用しているから、そこから不労所得が生み出されている。
実際、46歳での退職モデルでシミュレーションしてみましたが、マイナスにはなりませんでした。
しかし、みんな収入に合わせたライフスタイルを送るから、お金がなくなるんじゃね―の
収入よりも遥かに低いレベルの生活を送れば、お金も貯まるし、アーリーリタイアも可能になるのに・・・
まあ、みんなそれができないから、今の日本社会が成り立ってるんでしょうね。
しかしまあ。皆さん消費と労働が大好きなんですね・・・・・・
続いて、現状の資産配分とリタイア後のマネープランについて質問してみました。
<続く>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください