労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
勤務先にファイナンシャルプランナー(以下FP)を紹介してくれる制度があったので、FPに相談しに行ってきました。
これまでは「自分のお金のことは自分で決めるっっっ!」「FPなんていらんのぢゃっっ!」と思ってきました。
しかしっ
アーリーリタイアを本気考えるようになってから「しっかりライフプランを考えとかないと、死ぬまでに資産が尽きるんじゃないか?」という不安が湧いてきたのです。
そこで、FPに相談するという行為に踏み切ました(って大げさ?)。
まずは、将来の資産のシミュレーションです。
WEB上で数値を入力すると「あなたの将来の資産はこうなります」という、おせっかい……
いやいや親切なシミュレーションをしてくれるのです。
ファイナンシャルプランナー
*写真は断じてイメージですっ
私の資産、負債、収入、支出、家族構成等を入力するわけですが、僕の場合はすごくシンプルです。
・配偶者はない
・子供もない
・不動産もない(他の固定資産もない)
・車もない
・保険もない
・借金もない
・「資産」と呼べるのは金融資産のみ
・収入の大半は給与所得(資産からの収益は自動計算だから入力しない)
さて、私の定年時(60歳時点)の予想資産は……
3億円 
と出ました。
これはニュートラル(平均的な)シナリオで、同時にポジティブシナリオとネガティブシナリオも出してくれます。
ポジティブシナリオでは、定年(60歳)前に6億円を超える(グラフが途中で天井抜けしてしまい、上限がわからない)
ネガティブシナリオでは、定年(60歳)前にマイナスになる(これもグラフが底を抜けてしまう)
資産の8割を株と投信で持っているので、レンジが大きいのは分かるのですが、マイナスになるというのはちょっと解せないなぁ。
FPの方によると、モデルも入力データも完ぺきではないので、あくまでも参考データとのことでしたが・・・
それでもって、ニュートラルシナリオでは、
定年後に毎月使えるお金は、約130万円と出ました。
オイオイ
60歳以降のジイさんになって、毎月130万円使ってどうすんだよ
30万円もあれば十分だよっ
 (って誰に怒ってんだ?)
まあ、毎月30万円で生活して、残り100万円を若い美人の愛人に貢ぐっていうのもいいかもしんない。
・・・と思いつつ。
やっぱりもったいないよな。
そんなことなら、自分で使った方が全然いいよな。
でも、そんなに使い切れないよな。
どのくらいインフレになるかはわからんけど、60歳以上になったら月30万円もあれば十分でしょ。
と、思考は堂々巡り。
やっぱり、アーリーリタイアするしかないなあ……
ということで、その趣旨をFPに告げました。
<続く>


2件のコメント


  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    な、なにそれ、面白い(笑
    うちの会社にもそういう紹介制度があったら利用していみたいですね。
    平均的な運用で2億・・・いくかなぁ?私には絶対に3億なんて夢のまた夢です^^

    返信

  2. SECRET: 0
    PASS: e753eb3722e4b202a29476e374dd3fa4
    コメントありがとうございます。
    年齢が上がると、順調に行けば収入も上がるし、投資額が増えれば不労所得も増えるし、退職金や企業年金も加わるから、そのくらいに計算されるのではないでしょうか???
    逆に、60歳で3億円作れても、それをどうするんだ??と思ってしまいました・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください