老人農家

東日本大震災から8年ですね。

去年は、確定申告だの、母親との訴訟だのでバタバタしていて、3月11日にはブログ更新できませんでしたが、2015年~2017年には3月11日に震災の話題でブログを書いています。
ちなみに、それ以前はブログはやっていませんでした。

■2017年
人生の転機 きっかけは東日本大震災?

■2016年
震災があったから、アーリーリタイアもある?

■2015年
震災で僕の人生は変わった!?

過去に何を書いたか、1年も経つとすっかり忘れてしまって、また同じことを書きそうになってしまいます・・・

僕の周囲にも、東日本大震災をきっかけに人生が変わった人が何人かいます。

必ずしも彼らは被災したわけではないのですが、放射能汚染を気にして地方に移住してしまったり、被災者や被災地に感化されて会社を辞めてしまったりしたんですよね。

大災害を見て「自分の人生はこのままで良いのだろうか?」と考えてしまうんですよね。

僕自身もだいぶ考えたのですが…
さて、移住する前から沖縄が大好きで、震災前は1年に何度か沖縄に来ていました。
ただ、震災が起きてからは、「ビーチでゆっくりなどしていられない」みたいな気持ち強くて、沖縄訪問を辞めてしまったんですよね。

で、年を経るに従ってそういう気持ちは薄らいできて、会社を辞めてからは吹っ切れた感じもあって、沖縄で仕事が見つかって移住を決めました。

「震災がなかったらどうだったんだろう?」なんて思うのですが、おそらく、毎年沖縄に通っていたと思いますね。
で、沖縄はあくまでも「たまに旅行で行く訪問先で十分」ってことで、移住はしなかったと思います。
そもそも、会社を辞めていたかどうかさえもわからないのですが・・・

僕自身のことはさておき、東日本大震災の影響で、都会(東京圏)から地方に移住した人は、うまく行っている人もそうでない人もいますが、不思議とその選択を後悔している人はいないように思えます。
都会(東京圏)に戻った人も、僕の知り合いではいませんね。
僕自身は、東京は魅力的だと思っているし、「また東京に戻っても良いかな」と思っていますけどね。

結局のところ、その時の彼らの選択は、正しかったか間違っていたかではなく、「その選択肢しか考えられなかった」というところだと思うんですよね。

一方で、生活を変えなかった人たちも、「現状維持を選択した」ってことだと思うんですよね。
やはり、これも正しいも間違っているもないと思います。

曖昧な書き方ではあるけど、そうとしか書きようがないんですよねえ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください