結婚式

昨日、芸能人やスポーツ選手のリタイアについて書きました。

安室奈美恵の引退の報道と合わせて、山口百恵の引退を引き合いに出す記事が多かったので、山口百恵について調べてみました。

僕が子供の頃に引退したわけですが、なぜか、僕の記憶には、ピンクレディーの引退は鮮明に残ってるんですが、山口百恵はほとんど記憶に無いですね。

さて、山口百恵は14歳でデビューして、21歳で引退しました。
きっかけは、三浦友和との結婚なんですが、結婚して専業主婦になりました。
離婚や不倫はないですし、子供は俳優やシンガーソングライターとして活用されているみたいなので、引退後の人生は順調と見て良いでしょうね。

調べてみると、山口百恵って、芸能界にはそれほどこだわりはなかったし、芸能人としての仕事が特別好きでもなかったようなんですよね。
あくまでも、「お金を稼せぐための仕事」として捉えていた感があります。
それでいて、誰もが憧れるようなヒロインのポジションを維持し続けていたわけだから、凄いものがあるとは思います。

事情を知ってみると、ダンサー&ミュージシャンとして活動したいと言う思いを持って研鑽を続けてきた安室奈美恵とは大きく違うし、引退のあり方も大きく違いますね。

山口百恵はアーリーリタイアではなく、「寿退職」に近いんだと思いますね。

もちろん、安室奈美恵と山口百恵では時代の違いもあるんでしょうが、それぞれの志向するものの違いが大きいんでしょうねえ・・・

山口百恵が、幸せな引退生活を送れたのは、芸能界の地位に執着も拘りもなかったからでしょう。
業界やファンからしてみると、「もったいない」「残念だ」となるんでしょうけど、本人にしてみれば、引退後の方が「本当の自分の生活がはじまった」という漢字だったんじゃないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください