シルバーウィークに突入ですね!

FOMC後の株価急落で気になっている人もいるでしょうが、僕としてはこういう時は何もしたくないので、相場が閉まっていた方が好都合です。

さて、5連休ということで、GW以上に航空券やホテルが取りにくくなっています。
僕は早めに手を打っていたので、安値で出かけられます。

でも、リタイアを考えると、いま無理して混雑期に旅行に出かける必要もないと思います。
なので、今後は少し遠出するのを自粛しようかと思います。
東京にいつまでいるかわからないので、いまのうちに東京を楽しんでおくのが良いかと思っています。

さて、リタイアすると、勤労者と行動パターンが変わるので、旅行だけでなく、色々と安くつくことも多いと思います。
普段は図書館で本を借りたり、テレビやDVDを見たり、映画を見に行ったりして、たまに旅行に行くくらいであれば、さほどお金は使わなくて済むでしょう。
でも、僕の場合、リタイア後は南極に行ったり、エベレストに登ったりしたい(本気)ので、それなりのお金は必要なんですよね。

以前、2人のFPの方に相談した際に、(完全リタイアには)「2億円あれば安心です」と言われました。

  • それなりの収入がある人ほど、生活レベルを下げるのは難しいので、それなりの資産は持っておくべき
  • インフレが起こると、生活費も上がってしまう。インフレにも備える必要がある。
  • 病気などの不測の事態や、老後を見越して、ある程度の資産の蓄積は必要
  • 資産運用の運用益は期待しない方が良い(下落リスクもあるので)
  • 収入がなくなると、資産運用もリスクが取れなくなり、リターンも限定される

以上を総合すると、早期リタイアのハードルは高いですね。

1つめの生活費が抑えられるようであれば、2億円なんてまず必要ないし、その半分の1億円でも可能だと思います。
ただ、僕のようにやりたいことを思いっきりやることを考えると、最低1.5億円、できれば2億円は欲しいところなのです。
色々と試算してみても、1.2億円のいまでも不安は残るんですよね。

いまは給料の半分以下で生活できているので、生活費自体はさほどかからないのですが・・・

最短では1年3か月後にはリタイアする可能性がありますが、資産総額が1.5億円に満たない場合は後ろ倒しにしたいと思います。

先のことはさておき、シルバーウィークを楽しみましょう!


2件のコメント


  1. 私の場合、マンション購入して、どこまで足を引っ張るか・・・です。
    とはいえ、マンションを賃貸に回せば、月々10万円以上は間違いないので、住宅ローンがない身分としては、5000万円もあればよかろう?とも思っています。
    生活レベルを下げず、どこまで資産の範囲内で楽しむか、それに試行錯誤しているときも楽しいですからね。今の季節の北海道は行ったことがありません。冬ばっかり。また、流氷でも見に行きたいものです^^

    返信
  2. bucketlist

    リタイア後の安定収入を考えれば、資産の一部を不動産に変えて、賃貸収入を得るのもあるかな、と思っています。不動産は良くわからないし、定住志向がないので、手を出していませんが。流氷は2回トライしたのですが、2回とも沖に流れてしまっていて、一度も見れていません・・・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください