昼寝

「○○円あればリタイアできるか?」という記事が、日々量産されています。
フォーマットに則れば記事化できるので、書く方もラクだし、会社がイヤな人興味があるテーマなので、つい読んでしまうんでしょうね?

最近も、こういう記事がありました。

仕事やめたい40歳 遺産1億円で人生逃げ切れる?

このくらいの試算であれば、ファイナンシャルプランナーを頼らなくてもできると思うんですが、まあ第三者のお墨付きが欲しいんでしょうかね。
あるいは、記事のために設定した仮想キャラクターか。

この人のようなライフスタイルであれば、40歳で資産1億円でリタイアするのはムリでしょうね。
51歳でリタイア可能という試算ですが、肌感覚としても妥当なところです。

でも、会社を辞めても何らかの形で収入を得ることを考えるとか、支出をコントロールするとか、そういうことをすれば、40歳でもリタイアは可能だと思います。

こういう記事が出ていると、つい興味を持ってみてしまうわけですが、自分で試算してみるのが一番です。
試算して「大丈夫」とか「難しそうだ」となっても、人生どう転ぶかわからないので、当初のシナリオ通りに進まないことも多いです。

実際、僕自身無職になって今頃は世界を放浪している予定だったのが、沖縄で働いています。
幸運にも、資産の方はこの1年で大きく増えました。
1年で前提条件が完全に変わってしまったんですよね・・・

ある程度の安全閾を想定しながら試算して判断し、あとは自分で臨機応変に対応するしかないですね。

他の人の事例は、参考になりますが、最終的には人それぞれなので、自分で決定しなきゃなりません。
「自己責任」というのは、意外に大変です。
ちゃんとした会社(?)であれば、毎日会社に通って普通に仕事していれば、食いっぱぐれることはありません。

ある程度の資産はあっても、会社を辞めて、不安定な収支状況の中をどう過ごしていくのか?というのはストレスもあります。
それを楽しめるかというのも重要な視点かと思います。
僕自身は、会社員時代よりはいまの方が全然ラクですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です