お金

昨日がボーナス支給日だった会社は多いようですね。
僕が勤めていた会社も、12月10日がボーナス支給日ですが、休日なので、その前の8日には支給されているはずです。

同期はいくらくらい貰ってるのかな???
なんて、つい思ったりします。

一方で、意外にボーナスが出ない会社もあるようで、この時期は人々の羨望やら、嫉妬やら、優越感やら、物欲やら、色々な感情が渦巻きます。
Twitter上でも・・・

あなたは「賞与」にもう会えましたか?

ボーナス支給日💴やっと会えても「別れの日は近い」💸💔

会社を辞めてしまった僕には、もちろんボーナスはありません。

ただ、株の中間配当が貰えるので、この時期はそれなりの臨時所得があります。
11月中旬~12月上旬にかけて、50万円位の配当金が入ります。
会社員時代のボーナスの額よりは全然少ないですがね・・・

でも、こういうことを気にすること自体、「会社員時代の欲望を引きずってしまっているんじゃないか?」と思ったりもします。

そもそも、十分な資産を作って会社を辞めているわけだし、働くこと、組織のしがらみから脱した自由な生き方を求めているわけだから、安定した収入とか、賞与を求めてはいけないんですよね。

今年は株価が上昇したこともありますが、会社員時代の給与所得の3倍以上の収入があります。
全然引け目を感じることはないと思うし、そもそも、会社員の自分自身や、同期と比較するってことは、会社員時代の価値観に囚われてしまっていることになります。

その価値観で自分のいまを測っている限り、幸せなリタイア生活は送れないと思いますね。

いまでも、Facebookで友人や元同僚が海外出張に行っているのを投稿しているのを見ると、羨ましく思ったりします。
自腹切って、海外旅行に行けば良いだけないんですがね。

あと、「競合プレゼン勝利の打ち上げ!」とか投稿してるを見ても、「会社のカネで美味いん食べてるなあ」なんて思ったりします。
自分がその場にいたとしても、そんなに楽しくもなったかと思います。
会社とは関係ない友達と飲む方が楽しいし、一人で自宅でご飯食べるのも心安らぐので良いんですよね。
そもそも、美味しいものを食べたければ、自腹切って食べればいい。
まったく、人を羨む必要はないはずです。

もうすぐ、会社を辞めて1年経ちますけど、いい加減、サラリーマン根性を捨て切るべきだろう!
そう自分に対して思ったりする今日この頃です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください