会社員

こんな記事が出てました。
↓↓↓↓↓↓↓
この年末に早期退職を会社が募集してきたら応じるべきか

そういえば、東芝の子会社が300人の早期退職者を募集したというニュースが出たばかりです。

東芝、子会社で300人早期退職募集 ICT事業

53歳以上、勤続10年以上なんだそうです。
僕がこの会社の社員だったとしても、対象外でしたね・・・

実際、変化の激しいICT事業で、50歳以上の社員って、管理職でそれなりに有能な人以外はいらないでしょうねえ・・・

上の記事は昨今の人員削減のニュースに便乗したものかな・・・と思ったのですが、良く考えると、僕が勤務していた会社で早期退職の募集に応募したのは、去年の今頃・・・
正確に言うと、いまから1年1か月前の10月末のことでした。

やっと早期退職の申請書を提出した

たしかに、記事にあるように条件を良く調べてから判断する必要はあると思います。
あまり得にならないなら、いま辞める意味はなくなりますからねえ・・・

僕の場合は、条件は良かったので、応募に踏み切りました。
ただ、条件があまり良くなくて、募集に応じず、会社に居続けたら、それが幸せだったかというと、全然そうは思わないですね。

会社を辞めたこと自体は全く後悔していません。
いま働いていることが良いかどうかとか、たとえお金が儲からなくても、やりたいことをやりながら稼げる仕事を見つけるべきじゃないかとか、そういう思いを抱くことはありますけどね。

個人的には、「迷っているなら応募した方が良い!」と思いますね。
ただ、僕の場合は、家族も借金もなかったですからね。
さらに、かなり綿密に将来の資産をシミュレーションして、色々な本を読み、これからの人生について考え抜いた上で出した結論でした。
「会社つまんないから辞めちゃおうかな」みたいな軽いノリでで辞めてしまうと、後悔することになるかもしれません。

まあ、勤続10年以上の中年が会社を辞める場合は、そんなに軽いノリでは決断できないだろうし、悩んでも結局守りに回って、会社に居座るという選択肢を取る人の方が圧倒的に多いでしょうけどね。
会社員時代と同じ、収入、地位、肩書を求めないのであれば、早期退職に応募ところで、後悔することはあまりないんじゃないかなあ・・・と思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください