名刺交換

会社を辞めて気付いた、辞めて失敗したと思った瞬間3選

という記事が出ていました。

筆者の方が、「会社を辞めて失敗したと思った」3つの瞬間は、下記の通り。

その1:アルバイト中の休憩時間
その2:一人で居酒屋行くのを何とも思わなくなった時
その3:視力検査の結果が判明した時

つまり、より一般化すると、

その1:アルバイト中の休憩時間 ⇒ お金の問題
その2:一人で居酒屋行くのを何とも思わなくなった時 ⇒ コミュニケーションの問題
その3:視力検査の結果が判明した時 ⇒ 健康の問題

ということなんだそうです。

僕の場合、どれも当てはまりませんね。

1.お金の問題
収入がゼロでも生きていけるだけの十分な資産を作って会社を辞めたから、心配はない。
会社を辞めたあとも、資産は右肩上がりで増えている。
今後は、これまでのように好調だとは限らないので不安もあるが、それでも資産は維持できるようなポートフォリオを組んでいるので、問題はない。
それに、「会社を辞めても意外に仕事は見つかるなあ」というのが実感です。

2.コミュニケーションの問題
たしかに、人と付き合う時間は減った。
ただし、友達と過ごす時間は増えた。これまで忙しくて会えなかった友人にも会えるようになったし、嫌な人と付き合う必要もなくなった。
そもそも一人が好きなので、自分の時間が増えて良かったと思っている。

3.健康の問題
すべて自己責任だから、健康に気を付けるようにしている。
睡眠時間を増やし、適度な運動をして、食事は野菜を多く取るようにしたら、会社を辞めてからの方が健康になった。
余談ながら、時間に余裕があるので、水虫も治すことができたし、育毛にも取り組むことができるようになった。

たしかに、会社員の時の方が恵まれていることはたくさんあったけど、、自由になれるメリットとを秤にかけると、「会社を辞めて失敗した」なんて思うことはありませんね。

むしろ、沖縄に移住して仕事をしていることに対して「失敗したかも」と思うことが、たまにあります。
それでも、たまに思うくらいですし、会社員時代よりは良いと思っています。

二年間も考え抜いて、緻密に計画を立てて、何があっても大丈夫な状態まで持ってきてから、会社を辞めているので、失敗しようがないと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください