睡眠

会社員だった頃は、慢性的な睡眠不足だったと思ってました。

仕事を辞めて、しばらく無職になったので、「ぐっすり寝てやるぞ!」と決心しました。
でも、睡眠時間は全然長くならないんですよね。
睡眠時間は、平均して5~6時間程度でした。

早く寝るようにはなりましたけど、目覚めるのも早くなった。
むしろ睡眠時間が減っているくらいでした。

いまは、仕事してますけど、会社員時代よりは全然労働時間は少ないです。
平均睡眠時間は6時間程度でしょうかね・・・

ちょうどNHKで、あしたも晴れ!人生レシピ「セカンドライフの快眠法」をやってました。

定年退職後の人をメインターゲットにしているようですが、いまの僕にとっても、十分有用でしたよ。

年齢を重ねるにつれて、睡眠時間は減っていくのが普通なんですよね。
で、45歳だと平均6時間程度なんだそうです。
いまの僕は、ぜんぜん睡眠不足とは言えないですね。

寝てからの3時間が熟睡できれば良い睡眠なんだそうです。
僕の場合、朝方目が覚めることはあっても、寝入ってすぐに目が覚めることはありません。
寝つきも良いです。

なんだかんだ言って、良い睡眠がとれてたんですね・・・

あと、肉体的、精神的に適度に疲労していると、良い睡眠がとれるんだそうです。

無職時代にはかなり運動してましたので、肉体的には披露してました。
ただ、ノーストレスだったので、精神的な疲労はありませんでした。

いまは精神的なストレスはそれなりにあります。
だから、無職時代よりも今の方が良く寝れるんでしょうねえ・・・

睡眠に限定すれば、無職よりも仕事してる方が良いってことなんでしょうか??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください