お金

会社を辞めると、サラリーマン時代は経験しないことが色々あって、新鮮です。
国民健康保険の請求にびっくりぽん!(死語)の話題は先日書いた通りです。

国民健康保険の請求を見て金額にびっくりぽん!(死語)

今度は、国民年金保険料の納付書が届いて、びっくりぽん!でした。

納付書が届くのは当たり前なんですが、僕の場合はちょっとした裏技(というほどのこともない)を使ってたんですよね。

年末年始に海外出国していたので、ついでに区役所に海外転居届を出しておいたんです。
そうすれば、その間は、国民健康保険と国民年金は支払う必要はありません。
さらに、無職の人には特例免除というのがあります。

会社を辞めて得するためのまとめ~年金、健康保険、失業保険等~

結局、無職期間は短期で終わりそうだし、その間くらいは免除してもらってもバチは当たらないかなあ・・・と思って申請してみました。

でも、何故か1~3月までの納付書が届いたんですよね。

申請時には「必ずしも通るとは限らないよ」みたいな釘を刺されていたんですが・・・
結局通らなかったのかな?

念のために、年金事務所に確認したところ、「現在審査中です。納付書は一律で発送していますので、とりあえずは手元に置いておいてください」とのこと。

ヒトコトくらい添えておいてくれても良いのに・・・
と思うのですが、まあ、一律で発送しているってことなので、手間になるのは避けたいんでしょうね。

前も書きましたけど、「お上」からの請求だからと言って、慌てて払う必要はありません。
内容はちゃんと確認した上で、納得した上で払いましょう。

もちろん、仕事はじめたらきっちり納付する予定です。
国民の義務ですからね。
使える制度はきっちり使いますが、国民の義務や責任から逃げるつもりはありません。
いつか、日本国民であることを辞める可能性はゼロではないですけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください