老人

65歳以上が4割の衝撃!2065年は生涯現役時代?

こういう記事が最近やたら目につくようになりました。

少子高齢化で、多数の老人を少数の若者で支えなければならない時代が来ている。
しかも、人が長生きするようになっていて、その一方で、高齢者化社会に対応した社会保障制度は不十分。

こういう話が出てくるのは無理ないですね。
記事や動画をちゃんと読むと、「一生働き続けろ」と言っているだけではなく、多様な働き方を実現するとか、高齢者を労働力として確保することで、若年の超過労働を是正するという視点も提示されてますね。

ただ、「生涯現役」ということ意外にも、少子高齢化社会を生き抜く方法はあると思います。

  1. 節約生活を送る
  2. 資産を効率的に運用して増やしたり、キャッシュフローを得たりする

1なんですが、会社を辞めてみて、節約って、単にお金を使わないとか、ケチるとか、そんなことじゃないんだなあ、と実感しています。
確定拠出年金を活用して節税する。
趣味を仕事にして、稼ぎながら、活動費を経費で落とす。
みたいなことも立派な節約だし、やりたいことをガマンせずにやりながら、しっかりお金を手元に残していくことは、創造的な行いだと思っています。

2については、これまでずっと書いてきた通りです。
1を通じて資産を蓄積して、2で増やしていくということをやれば、10年、20年単位で大きな差が出てきます。

この2つをちゃんとやっていれば、ある程度の所得があれば、現状の60歳や65歳で引退するのは、十分に可能だと思うのですが。

もちろん、働きたくて働く分のは、全然良いでしょう。

でも、70歳や80歳になって、仕事が嫌なのに、生活のために労働を続けるのは、虚しい人生だっと思います。
そういう立場に置かれてみて良く分かるんですが、「働かなくても生きていけるけど、あえて働く」という選択ができると、仕事だけでなく、人生に余裕ができて、ライフスタイルの幅がグッと広がります。

「生涯現役」というのが、消極的な選択ではなく、積極的な選択として実現できれば、幸せな後半人生をお送れると思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください