首切り
写真はイメージです!

無職になって1ヶ月が経ちました。

僕より数年前に早期退職した先輩(現在は自営業者)は、次のようなことを言っていました。

「最初の3日くらいは、いつまでも寝ていられる。気楽でいいなあと思うけど、それを越えると退屈するし、不安が襲ってくる。早くやること見つけた方が良いよ」

2回の転職経験がある友達からは、下記のメッセージが来ました。

「今なにやってるんですか?自由過ぎるとそれはそれで不安になりそうですね」

僕に限っていえば、退屈もしていなければ、不安にもなっていません

経済的な問題がない、という特殊事情(?)もあるからかもしれませんがね。

あとは、1月の半分は海外旅行に出かけていたし、1月中旬の5日間は実家に戻ってました。
仕事を辞めたことで、事務手続きも色々あるし、12月にできなかった送別会を1月に開いて貰ったりしています。
年末の大掃除をしていなかったので、かなり大がかりな掃除を、時間かけてやっています。

上記を別にしても、退屈しているどころか、意外にやることが多くて一日が意外に早く過ぎていきます。
これまでも、土曜日や日曜日に家事をしたり、出かけたり、本を読んだりDVD観たりしているとあっという間に休日が終わっていましたが、それが毎日続いている感じです。

ただ、これまでよりもじっくり時間をかけて物事に取り組めるようになっているし、「やりたいことができない」という状況は続いても、以前よりははるかに色々とできるようになっています。

意外なほどに不安もありません。
むしろ、「どうやっても生きていけるや」という割り切りが生まれています。
会社員時代の方が、「今後もこのままいっていいんだろうか?」「これが自分に向いた生き方なんだろうか?」という思いつが強くて、不安は大きかったんですよね。

Facebookで同僚が仕事やプライベートのリア充ぶりをアップしていても、対抗心や羨望心は抱きません。
むしろ「ムリして頑張ってアピールしてるなあ」くらいの感想です。

平日に町をプラプラしていることに対する後ろめたさもありません。
都心部に出れば、そういう人はたくさんいるし、近所を歩いていても、別に知り合いがいるわけではないので、気になりません。
配偶者がいて、ママ友なんかがいたりすると、説明するのが大変だったり、場合によってはウソついたりせざるを得ないのかもしれませんが。

問題はほとんどないのですが、しいて言えば、

  1. 収入がない
  2. 人とあまり会わない

ということでしょうかね。

1については、気にするほどのこともない(!?)のですが、相場が良くない場合は資産がただ減り続けていくので、今後の状況次第では、精神衛生的に良くなくなるかもしれません。

2については、長期的にはちょっと深刻かもしれませんね。
基本は僕はあまり人が好きではないし、数日間人と会わなくても平気と言えば平気です。
ただ、やっぱり人から刺激を受けたり、学んだりするところは多いです。
これまで、人の顔や名前を覚えるのが苦手で、公私ともに苦労してきた経験がありますが、逆に言えばそれが脳の刺激になっていたと面もあります。

「覚えられないことは、覚えなくてもいい」
「理解できないことは、ムリして理解しようとしなくていい」

みたいな状況って、ストレスは溜まらないかもしれませんけど、頭を使わなくなって早くボケそうな気もします。

いずれにせよ、この1ヶ月はとても状況は良くて、これかもこういう生活が続けばいいなあ・・・なんて思ってます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください