travel_passport

僕の場合、自発的に「無職:という道を選択しているので、「俺は無職だ!」と胸を張って言うようにしています。

と言っても、まだ無職になって1週間しか経ってませんが。

さて、旅を始めて約10日が経ちますが、今回の旅は移動型で、ホテルのチェックインや、国境を超えるときに、書類を記入させられることが何度もあります。
そこには大抵「Occupation(職業)」という欄があります。
いつも通り「Office Worker」と記入してしまうんですよね・・・
そのたびにいつも「俺は負けた」と思ってしまいます。

無職の場合、同記入すればいいんだろう?
「No Job」「None」とかでしょうかね。
なんか怪しいですよね。

「なんやこいつ、無色やんか。わいの国で金使こうてくれるかわからなんな、入国拒否したろ」(なぜか大阪弁)

みたいなことにはならないと思うんですが、まあ「無職」と書くよりも「会社員」と書く方が無難ではありますよね。
海外ならまだいいです。
日本でホテルにチェックインする際に、対応してくれたフロントの係がきれいなお姉ちゃんだったりするとどうでしょう?
自信を持って「無職」と書けるか?

いや、書けません・・・
そんなわけで、「僕は心のどこかで無職を後ろめたいと考えていたんだな」と改めて自覚してしまいます。
「世の中をうまく渡っていくために便宜上そうしているんだ」というのが自己弁護なんですが、本当に無職という職業(?)に自信があれば、「会社員」なんてか書かないと思いますね。

これからの収入の大半が資産運用から上がると思うと、「Investor(投資家)」と書くのが適切かもしれません。
でも、自分はInvestorなの?って思うとどうもしっくりこない。
Investorって言えば、ウォール街でビシッとしたスーツ来てる感じや、企業を訪問してCEOやCOOに突っ込んだ質問をしているようなイメージがあります(あくまでもイメージですが)。

「Blogger」と書いても、現状ではブログ収入で生活成り立ってないので、正しくないです。

寺山修司や高城剛みたいに「僕の職業は寺山修司です」「僕の職業は高城剛だ」みたいなのはカッコいいと思います。
でも、職業欄にそう書いたら、「ここには名前じゃなくて、職業を書いてください」と注意を受けるに決まってます。
で、相手は心の中で、この人、ひょっとして文盲なの?」と馬鹿にするに違いない。

まあ、当面は実態に合わせて、「Investor」、日本語の場合は「個人投資家」と書きましょうかね。

肩書に拘っている時点で、すでに僕は世間様に敗北しているってことなんだろうなあ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください