労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

今月から1億円以上の有価証券を保有する海外移住者を対象に出国税(国外転出時課税制度)が導入されることになりました。

「出国税」1日から開始、有価証券1億円以上が対象

僕自身、海外移住までは考えていないのですが、183日ルール(183日以上の滞在で海外居住とみなされる)の範囲内で、海外にいてもいいかな、と思っています。
節税のためというよりも、海外を旅する中で、節税もできればベストだなあって思ってます。

「有価証券1億円以上」とかあるので、有価証券を1億円以下にすればいいんだろうか、とか抜け道を考えてしまいます。

でも、「永遠の旅行者(終身旅行者)」というのは制度の抜け道を突くだけに、どういう条件で何が節税できるのか、ちょっと勉強しても良く分からないんですよね・・・
まあ、たいしてお金が節約できないのであれば、おとなしく普通の旅行者として海外を渡り歩けばよいのでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください