サザエさん症候群

昨日が仕事納めでした。
正式には12月31日の退社となりますが、実質的には今日から無職生活がはじまります。

セミリタイアブロガーの方の日記を読んでいると、会社を辞めた後も、会社や仕事の夢にうなされたりしているという話が出てきます。
で、「目が覚めてホッとする」みたいな・・・

昨日、早速夢を見たのですが、仕事の夢ではありませんでした。

実は、1年ほど前にちょっとした事故を起こしたことがありますが、それに関する夢でした。

自転車こいでいたら、交差点でちょうど向かってきた自転車と衝突してしまったんですよね。
相手は、赤ちゃんを乗せた若いお父さんでした。
どちらかというと、僕のほうに非があったんですよね。
僕の通っている道が広くて、確認停止の標識があったんですが、見落としていたので・・・

相手は、ヤクザではないですが、威勢のよい男で、かなり攻撃されました。
で、警察に一緒に行って(連れていかれたという方がより正しい)調書を取られました。

前にも書きましたが、警察は民事不介入です。

警察は「正義の味方」ではないのです!

「当事者同士で解決しろ」っていう話になって、お互いの連絡先を交換しました。
別れて数時間後に、相手の男から、「自転車が壊れた部分の修理代を払ってほしい」と連絡が来ました。
調書を取った段階では、壊れている様子もなかったのですが、揉めるのも嫌だったので、「支払います」と同意したんですよ。

その時、「ちょっとヤバいかなあ」と思ったんですよね。
相手が悪質な場合、知り合いの医者に相談して診断書を取ってもらって、多額の医療費を請求してくる・・・なんてことも想定できます。

赤ちゃんが一緒だったので、「赤ちゃんがケガをした」とか言われようものなら、さらに大変です。

相手の方も時間が経って怒りが収まったようで、その一回で連絡は途絶えました。

前置きが長くなりましたね。

その後は一安心していたわけですが・・・
その続きが今になって夢に出てきたんですよ。

「あの時のケガで後遺症に苦しんでいるから、毎月の医療費と慰謝料を支払え」と脅される夢でした。
カフェのようなところで交渉するシーンなのですが、相手はヤンキー風の奥さんを連れていました。
僕の方は、なぜか会社の後輩(でもさほど親しくない)に立会人をやってもらいました。

補償金の金額がいくらかというのは夢に出てきませんでしたが、「毎月支払え」的なことを言われたんですよね、

「私は今月末で仕事辞めますので、収入がなくなるんですよ・・・」みたいな言い訳をする僕。

「だったから、会社に頭下げて、会社員を続けさせてもらうようにしろよ!」

「もう退職手続きは完了しているので、いまさらそんなことできません

「いずれにしても、払ってもらわないと困るんだよ!!」

こんな押し問答しているうちに目が覚めました。

「夢で良かった!」と安心する反面、小心者の自分に嫌悪を覚えました。
会社を辞める不安や、仲間たちと別れる寂しさはあるのですが、基本はこれからの人生をポジティブに受けれていて、今後の生活についてはワクワクしていました。

でも、心の底では不安があるのかなあ・・・と思った次第。

今後、お金には困らないと思っているのですが、それでも潜在意識の中では不安が立ち込めているのかもしれません。

ただ、これまで株価が暴落して大損する夢は見たことないし、株価が不安で寝られなかったこともありません。
現実的には投資で損する可能性の方が高いと思うのですが、人間の心理というのは不思議だなあ・・・と改めて思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください